坐骨神経痛の対策法

投稿日:2016年9月8日 更新日:

坐骨神経痛で悩まれる人のために対策法を横浜市のあくわ整体院がご紹介します。

歩くと痛い腰痛や坐骨神経痛(腰から下の神経痛)

これは間欠生跛行といいます。

この歩いたりもしくは、立ってる時間が長いとでる痛みは、『椎間板ヘルニア』『脊柱管狭窄症』などの腰痛としては重度な方に多く見られる症状です。
これをきっかけに仕事を休職したり、最悪腰に負担がかからないような職種に転職する人もいます。
それほどの強力な症状がこの間欠生跛行です。
そのほか間欠性跛行は糖尿病など血管障害からもなることがありますが、省かせていただきます。
この当整体院でも非常に多い、歩くと痛い坐骨神経痛の間欠性跛行についてご説明します。

なぜ坐骨神経痛は歩くと痛いのか?

これは、腰椎(腰骨)から足にかけて神経が流れています。
主に、この神経はモモ(大腿部)の後面の場合は坐骨神経で、モモの全面は大腿神経と言います。
この神経を圧迫や伸長させてしまうことで神経痛が発症します。
この現象が歩行中に起こるので神経症状が現れるのです。歩く際に着く足に痛みが出る場合は筋肉低下の可能性もあります。

どのような人に坐骨神経は多いのか?

腰痛持ちやヘルニア、脊柱管狭窄症の人の多く見られますが、症状以外の職種ではデスクワーク、自動車運転業、重労働者、など腰に負担が大きい職種に多く見おられます。
どの職種でも通勤や仕事中に間欠生跛行が出現すると仕事に支障が出てしまいます。
また主婦は買い物に行くなどの家事をするときに大きな障害となってしまいますので、当整体院では身体的な歪みをとると同時に関節の動きを改善させるよにし、早期に動けるようになってもらうことを重点的に施術をしていきます。

また、歩くと痛い間欠性跛行は腰痛のように腰が痛いような症状はなくとも、足のしびれなどの神経痛が出てきてしまう人の大勢います。
これは、腰痛になって我慢していているうちに、症状を自覚しないうちに、背骨や背骨の関節や腰周りの筋肉、靭帯など腰や股関節を構成する組織の状態が悪化してしまい、坐骨神経痛などの神経痛を発症させてしまいます。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛はしつこい痛みを出すのが特徴ですが、改善させる事はできます。まず理解を深める事が大切です。 目次 「坐骨神経痛」の「いずれ治るだろう」は大きな誤解!|横浜市の整体坐骨神経痛とは─?坐骨神経痛 ...

続きを見る

横浜市瀬谷区のあくわ整骨院ではどのようにして坐骨神経痛を改善させるのか?

当整体院では坐骨神経痛でお困りの方が大勢いらっしゃいますが、一般的な整体では、筋肉を揉むだけのマッサージでは症状を改善させるのは難しくこれでは、痛みが増すことがあっても改善することはできません。
その場しのぎの対処法となってしまいます。

禁忌
ストレッチというのもあります。
これは筋肉と同時に神経伸ばしてしまうので絶対にNGです。
これを知らない人は大勢います。
ストレッチをやめるだけも良くなって行くことあります。

ひどい坐骨神経痛はちゃんとした専門に任せることが大事です。

ここで当院あくわ整体院での治療法をご紹介します。

当院の整体では、坐骨神経痛のある痛いところは触りません。

これは、痛い、しびれ、などの症状を追うのではなく、痛みの本質的な原因(歪み・関節の動き・など)を改善させ症状を和らげ改善させ最終的には、完治し、再発をさせないようにする計画性のある整体プログラムです。

坐骨神経痛の検査とカウンセリング

まず、検査をします。
歩く時に痛い時は、歩行を確認します。
この歩き方を検査し、どこに痛みがでるのか?
足をつく時に痛いのか?
蹴る時に痛いのか?
を確認検査をします。
この時に、どこに異常があるのかが判ります。

その後
カウンセリングで、どのくらい回復まで時間がかかるのか?
通院頻度や回数をできるだけ明確化します。
この時に患者さんの都合も確認し当院とのスケジュールを合わせていきます。

坐骨神経痛の整体

重力を受ける足の指から調整していきます。
この足の指→足首→膝関節→股関節という順番で整えていきます。
ほとんどの整体院では痛いところを施術して終わってしまいますが、それでは根本的な改善にならないのです。
下から正しい順番を持って良い結果が初めて生まれるのです。

ここで当院の整体では、「こだわり」があります。
それは、患者さんを治すのではなく、治すのをお手伝いするという事です。
このお手伝いというのは、患者さん自身に治っていただけるように方向性を持って治療するという事です。
この方向性を持つ事により、患者さんが自分で治ったと認識をしてもらい再発を防ぐ事を目的としているからです。

改善率90%以上
坐骨神経痛を改善させる施術の流れ

当整体院のご予約と整体の流れについてご紹介させていただきます。 目次 ご予約来院後の施術の流れ2、カウンセリング3、背骨・歪みチェック4、整体5、整体のまとめ6、次回予約・お会計腰痛はあくわ整体院にお ...

続きを見る

体の歪みを整えて神経痛を取り除く

当院の整体の最大の特徴として、「歪み」を整えることにあります。
なぜ歪みを整えるのか?
それは、歪みが、神経・血管・靭帯などを圧迫をしてしまう事により悪化また平行線を辿ってしまうからです。
その元凶である歪みを整え「もとの健康な状態」にお戻しする事を最優先にしています。
歪みは、筋肉の連鎖と密接な関係があります。
筋肉の連鎖を正常にしうまく働かせる事ができる技術を当院では持っています。
ですので横浜市以外に当院の整体を求め県外など2時間以上かけて患者さんが通院して来てくれるのです。

坐骨神経痛は「神経の炎症」が大まかな原因です。
殆どのケースが腰痛がひどくなり腰骨や骨盤周りの神経の炎症で坐骨神経痛になるのですが、「腰に痛みがなく」とも神経症状が出ることが多々あります。
坐骨神経は人体最大の太さを誇りますが、ここに原因が一つあります。
神経は、そもそも「圧迫」「伸び」「血行不良」「捻じれ」に弱い特徴があり丁度「電気コード」のような性質があります。
坐骨神経痛の詳細は「坐骨神経痛とは」をご覧ください。

マッサージでは治らなかった腰痛を改善させる横浜市で口コミ好評の整体あくわ整骨院へお任せください。

坐骨神経痛の痛みを自力で和らげには

1、温める
神経は温めると痛みが減る傾向があります。
神経と血管が同時に走行している為、血流が良くなると神経に栄養と酸素がいきわたるようになり神経の回復を早めます。
ポイントは2つあります。
痛いほうのお尻の凹み(梨状筋という神経を通す筋肉があります)を温めることにより熱伝導を利用し神経に沿って温める事ができます。
②痛いところを直接温める。
これも直接患部を温めることにより血流を促すことができます。

2、腰のストレッチ体操
腰回りの筋肉や神経を「捻ったり」「伸ばしたり」し筋肉の血流を増やし血行を促進させます。
これは、デメリットもあり、過度なストレッチ体操は、神経を傷つけてしまう恐れがあるということです。
冒頭で述べたとおり神経は「圧迫」「伸び」「捻じれ」によ弱いので絶対に無理はしてはいけません。
詳しくは「誰でも3分でできる簡単な腰痛ストレッチを公開します!!」をご覧ください。

3、日常生活で取り入れられる適度な運動
坐骨神経痛には適度な運動が効果的です。
この運動もストレッチ体操と同様にやりすぎず適度に運動することが大事です。
坐骨神経痛に最適な運動
3-1水泳
泳ぐことで左右のアンバランスが整い体の歪みが取れることにより神経痛を改善させる効果があります。
泳ぐことができない方は、水中ウォーキングをすると効果的です。
ここで注意が必要なのは、下半身を冷やさないことが大切です。
プールから出た後はジャグジーなどで温めるように心がけてください。


3-2ウォーキング
ウォーキングはとても効果的です。
お散歩程度で構わないので積極的に外出し体を動かすように心掛けてください。

4、体重管理
肥満などにより体重が増加すると神経に過度な圧力がかかり坐骨神経痛になりやすくなります。
毎日体重計にのり体重管理をするようにしましょう。

自分ではどうにもできない坐骨神経痛は「あくわ整骨院」にご相談ください。

横浜市瀬谷区の「あくわ式整体」では坐骨神経痛・腰痛専門整体をご提供しています。大和市の腰痛の方も多く来院されています。
また、施術と同時に、再発防止の体の使い方や予防運動の指導もしています。
あなたが自力で「坐骨神経痛」をどうにもならないようならば、最短ルートで再発させずをテーマに整体をしている口コミ好評の整体あくわ整骨院までご連絡ください。

-坐骨神経痛
-, ,

Copyright© 横浜市の整体なら腰痛を手術させない大和市近くあくわ整骨院へ , 2018 All Rights Reserved.