腰痛改善 歩き方

腰痛を改善させる歩き方を教えます。

投稿日:2018年10月31日 更新日:

ただ歩くのが勿体無い!同じ歩くなら腰痛を改善させるように歩きましょう。

横浜市や大和市で人気の横浜市瀬谷区の整体あくわ整体院が解説いたします。

腰痛を改善させる歩き方をするには、まず意識を持つことが大切です。

背筋と背骨をシャンと伸ばす

背筋をしっかり伸ばすように、前傾姿勢にならないようにキープすることを意識し腰への負担を減らすようにしましょう。この時に、歩きスマホなどは猫背になりやすいだけではなく危険なのでやめましょう。

膝を外に開き気味で歩きましょう。内股で膝が内側に入った状態は腰痛に負担がかかりやすくなり悪化を招きやすくなるのと、膝を外側に開くようにした方が体幹が安定し歩行しやすくなります。

踵(かかと)から足の親指のつま先へ重心を移動しリズムよく歩く

踵から着地し足底つま先へ足首を柔らかく保ちスムーズな動きを意識しながら歩きましょう。その際に、つま先で蹴り出すイメージを持つと綺麗なウオーキングになり、股関節の動きもスムーズになり腰への負担が軽減できます。

お腹に力を入れる

お腹に力を入れるようにし腹圧を高め骨盤を安定させるように歩くように、これは骨盤を安定させることで腰痛予防になります。

同時に腹筋を鍛えることもできるので一石二鳥で、体のバランスも改善され体幹を鍛える効果もあります。これも腰痛予防に繋がります。

股関節を大きく開きながら歩く

股関節が硬くなると腰痛になりやくなりますので、大きく股関節を動かすことで、ストレッチ効果もあり、腰への負担が小さくなります。これも癖をつけるように意識しながら歩くと腰痛体操のように効果的です。

腕を大きく振ろう

腕を大き振ると肩関節も動き肩甲骨が動き出します。そうすると肩甲骨と連動して骨盤の動きがスムーズになります。下半身だけではなく上半身の動きも意識して歩くと腰痛に効果的です。

呼吸はリズムよく

呼吸はゆっくりリズム良く行うようにし特に吐気を意識しましょう。これは空手などの武道の気合と同じです。吐くことを意識すると力が入り易くなり腰への負担も減らすことができます。

下り坂には気をつける

下り坂や下り階段は、何倍の重力が腰へかかるので負担が大きくなります。また腰だけではなく膝にも負担がかかるので注意が必要です。

定期的なスケジュールで歩くようにする

できれば万歩計をつけて、毎日行うのか?一日開けるのか?週間で同じような間隔で行うことが大事です。そうすることで、もし腰痛が悪化した場合に、過去1週間の歩行スケジュールがわかると、減らすべきなのか?増やすべきなのか?指標になります。

運動
腰痛の運動メリット・デメリット

腰痛で痛みがある時に「運動」をしたほうが良いのでしょうか?横浜市瀬谷区の腰痛・ヘルニア専門整体あくわ整体院がご紹介します。 これは痛み強さにより違うものですが、多少痛みがあっても軽めの運動をした方が良 ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたか?一つ一つの動作を意識することで腰痛を改善させつつ予防をする歩き方はできます。しかし無理をしないで、やめ時を決めて歩くことが大切です。

腰痛が強い時は、お隣の大和市からも来院される横浜市の整体あくわ整体院へご相談ください。

-腰痛
-, ,

Copyright© 横浜市の整体なら腰痛を手術させない大和市近くあくわ整骨院へ , 2018 All Rights Reserved.