お酒

【良く読まれているページ】はこちらです⬇️

お酒の飲み過ぎは腰痛になる?アルコールの深い関係

投稿日:2018年11月12日 更新日:

当整体院でも飲酒で腰痛にある方は、割と多くいらっしゃいます。

なぜお酒を飲むと腰が痛くなるのか?その原因を横浜市の整体あくわ整骨院が探ります。

なぜ飲み過ぎると腰痛になるか?は実は、アルコールと生理学が関係していました。

痛みの原因の炎症が強くなってしまう。

筋膜性の疲労からくる腰痛、すなわち使いすぎによる熱感がある腰の痛みは炎症が原因の可能性があるため、アルコールを摂取した場合、血流が良くなりすぎて炎症部分の血管が拡張してしまい腫れが生じ悪化する恐れがあります。

これは、忙しい方が夜、寝る際に寝つきが悪くて眠れない時に飲酒をすると翌日に腰痛が悪化してしまうケースが結構ありますので、肉体的に疲労が蓄積している時ほどアルコールの摂取は控えた方が腰のためにも良いでしょう。

身体が冷え切ってしまう

アルコールを摂取してしまうと、飲酒したある一定期間は、身体に熱を帯びますがそこから、人間の身体は体温を調整しようと働きますが、下げすぎてしまうこともあり、低体温からの腰痛になってしまうことがあります。

これは、アルコールで拡張した血管が収縮してしまい腰回りの筋肉に血流が悪くなってしまいおこる現象ですので、注意が必要です。

お酒を飲むときにの姿勢が良くない

姿勢が悪い人が、居酒屋などで長時間飲み続けていると腰痛が悪化することがああります。

さらに先ほどの状態が続くと腰痛が悪化しやすい状態となります。

ぎっくり腰にもなるケースもありますので、長時間同じ体勢で飲み続けている方は翌日は気をつけて、軽めに体操などをしてから動くようにしてください。

飲酒で腰痛にならないためには

結論から言うと『身体に負担がかからない程度に飲む』と言うことに尽きると思います。

ついつい飲みすぐてしまう飲酒

これにより腰痛が悪化しぎっくり腰になってしまうことを頭の片隅におきお酒を楽しんでいただければと思います。

一般的なお酒の飲酒量は

ビール500㎖

日本酒1合

焼酎72㎖

のようです。

あくまで目安ですので、控えめにしようという意識が大切です。

おつまみ塩分の高いものはできるだけ避けて、サラダなども取り入れると良いと思います。

お酒は、腰痛だけではなく肥満など生活習慣病にもなりかねません。

休肝日も設けて楽しくお酒を楽しんでくださいね!

もし腰痛でお困りなら横浜市瀬谷区の整体あくわ整骨院へご相談ください!

痛み 大和 瀬谷区 横浜

※感想は個人のものであり効能・効果を保証するものではなく、施術の効果には個人差がございます。予めご了承ください。

電話

施術中は電話に出る事ができないため、留守番電話にメッセージを残してください。

ホームページ運営
あくわ整骨院
代表:藤井真也(柔道整復師)
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
電話:045-363-0533

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤井真也

国家資格「柔道整復師免許」を習得しています。

-腰痛
-,

Copyright© 横浜瀬谷の整体【腰痛ヘルニア 狭窄症】医師公認|あくわ整体院は大和でも人気です。 , 2018 All Rights Reserved.