坐骨神経痛

【良く読まれているページ】はこちらです⬇️

坐骨神経痛の真犯人「梨状筋症候群」とは

投稿日:2018年11月16日 更新日:

大和市からも腰痛や坐骨神経痛で悩む方が多く来院される横浜市瀬谷区のあくわ整骨院がご紹介します。

梨状筋症候群はこんな症状

まず梨状筋症候群とは坐骨神経は、骨盤からでて下半身へ通過していきますが、その際に、骨盤の出口のところで、梨状筋という筋肉とのトンネルがありそこを通過します。

この筋肉は通常では柔軟性があるのですが、そこに負担がかかったり、筋肉のコリや過度な使いすぎにより筋肉が硬くなってしまい、殿部(お尻)に痛みを起こり、梨状筋のトンネルを通過する坐骨神経を圧迫してしまい痺れや痛みがでてきます。これを梨状筋症候群といいます。

日常的に良くある症状ですが、診断、治療している病院が少ないのがデメリットです。

主な原因では、骨盤出口部付近で、坐骨神経という人の持つ最大に太い末梢神経が、なにかの原因により股関節周辺を支持する筋肉である梨状筋の圧迫や牽引力を受け、痛みやしびれが起きている状態のことを指します。

坐骨神経が障害される原因は梨状筋だけでなく、他にも色々考えられますが、神経の圧迫が原因となる症状は、圧迫性坐骨神経痛と呼ばれています。

通常は筋肉層の奥あり触れることができない梨状筋が、コリコリと触れ、同部に痛みを伴うため、一般の方でもある程度自身で確認ができます。

梨状筋症候群発症では、大腿が内旋(股関節を内側に捻る方向)して梨状筋がストレッチすると、筋肉の間で神経が圧迫を受け、痛みを誘発する確認方法があります。

また膝の外側を坐骨神経の枝分かれした総腓骨神経が走っており、膝周りやスネ、足先まで痺れや痛みを伴う場合もあります。

梨状筋以外に坐骨神経が圧迫などを受ける原因

股関節の人工関節、ガン、異所性骨化、子宮内膜症、直接の外傷(打撲など)、運動・労働などによる過度な股関節の使い過ぎ、血管の異常などが坐骨神経痛の原因であげられます。

症状は殿部のくぼみあたりに痛みがあり、太ももの後方にかけて痛みや痺れが出る坐骨神経痛ですが、長く座っていると症状は悪化し、歩くと症状が軽くなることもあります。

草むしりなどの中腰姿勢やゴルフなどのスポーツ、長時間の運転など、梨状筋に負担のかかるような動作や姿勢で起こりやすく、残念ながらMRIやレントゲンなどの検査ではみつけることができません。

症状が強い場合には、病院や整形外科では、梨状筋ブロック(皮膚の上から梨状筋へ注射をする治療)が一般的ですが、ブロックにより数時間、足に力が入りにくくなり、歩けなくなることがありますのでご注意ください。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛はしつこい痛みを出すのが特徴ですが、改善させる事はできます。まず理解を深める事が大切です。 目次 「坐骨神経痛」の「いずれ治るだろう」は大きな誤解!|横浜市の整体坐骨神経痛とは─?坐骨神経痛 ...

続きを見る

まとめ

梨状筋症候群は、稀な坐骨神経痛の原因とされていますが、毎日の整体臨床では意外に良くある症状でもあります。当整体院では、筋肉の歪みなどを整え関節可動域を改善し、梨状筋症候群の施術・治療をおこなっています。お心当たりのある方は、大和市近く横浜市瀬谷区のあくわ整骨院までご相談ください。

改善率91%以上
梨状筋症候群の施術の流れ

目次 当院のご予約と整体の流れについてご紹介させていただきます。来院後の施術の流れ2、カウンセリング3、背骨・歪みチェック4、整体5、整体のまとめ6、次回予約・お会計横浜市整体のあくわ整骨院にお任せく ...

続きを見る

坐骨神経痛1

坐骨神経痛2

坐骨神経痛

痛み 大和 瀬谷区 横浜

※感想は個人のものであり効能・効果を保証するものではなく、施術の効果には個人差がございます。予めご了承ください。

電話

施術中は電話に出る事ができないため、留守番電話にメッセージを残してください。

ホームページ運営
あくわ整骨院
代表:藤井真也(柔道整復師)
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
電話:045-363-0533

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤井真也

国家資格「柔道整復師免許」を習得しています。

-坐骨神経痛
-, ,

Copyright© 横浜瀬谷の整体【腰痛ヘルニア 狭窄症】医師公認|あくわ整体院は大和でも人気です。 , 2018 All Rights Reserved.