股関節痛

【良く読まれているページ】はこちらです⬇️

あなたの知らない「股関節痛」の真実

投稿日:2018年11月19日 更新日:

脚の付け根の痛みについて横浜市整体のあくわ整骨院がご紹介します。

歩行・座る・立つなど日々の行為において、脚の付け根にある「股関節」は毎回動作しますから、身体の各部位のうちでも特にダメージが大きくなりやすい場所です。そのため、痛みに悩まされている方がたくさんいます。

・朝の起床直後だけ脚の付け根が痛い、こわばる

・いきなり脚の付け根が痛くなってきた……放置していたら痛みがエスカレートしてきた

・この頃、座って脚を組んだり歩行したりすると脚の付け根が痛くなるようになった……

このような状態になってしまう「理由」はどこにあるのでしょうか。

横浜市整体のあくわ整骨院が解説いたします。

脚の付け根が痛いときに疑うべき疾患

脚の付け根が痛くて歩行が困難、痛みがなかなか引かない、痛みが激しいなどのケースでは、以下いずれかの疾患がその症状の理由になっている可能性が高いです。

筋肉、骨、関節などの疾患

脚の付け根が痛くなる疾患の大半が、筋肉、骨、関節などと繋がっています。

・変形性股関節症

股関節の軟骨がすり減り股関節の形が変わってしまう疾患のことを「変形性股関節症」と呼びます。

脚の上部、臀部、脚の付け根辺りが重くなったりこわばったりするのが初期症状であり、特に歩き始めたときや立ち上がった際に痛む場合が多いです。

エスカレートする痛みが激しくなる可能性が高く、四六時中痛みが継続してしまうケースも珍しくありません。ちなみに、日本国内では「先天性股関節脱臼(亜脱臼)」に幼少期に見舞われた人が、それが響いて大人になってから変形性股関節症になるパターンが多いとされています。

・股関節脱臼

「骨盤の凹みに、太股に位置する大腿骨のうちの大腿骨頭という骨がはまっている」というのが通常の股関節の状態です。しかし、これが外れかけて(亜脱臼)いたり、100パーセント外れていたり(脱臼)すると、痛みが脚の付け根を襲うことになります。

基本的にこれは「生まれつき」のものではなく、強い力やダメージが及んだ際に発生する怪我であり、激しい痛みに見舞われるため歩くことができなくなります。また、急いで脱臼を元通りにしないと(整復しないと)、そのまま「大腿骨頭壊死症」に陥ってしまう場合が多いです。さらには、脚の麻痺にも襲われるケースがあるので気を付けましょう。

・大腿骨近位部骨折

大腿骨近位部、つまり大腿骨の骨盤の近辺で発生する骨折のことを「大腿骨近位部骨折」と呼びます。

これが起きると激しい痛みが脚の付け根を襲いますので、痛みのせいで歩行したり立ったりできなくなる可能性が非常に高いです。

・関節リウマチ

「滑膜」が関節の内面を覆っているのですが、そこに炎症が発生する疾患のことを「関節リウマチ」と言います。足や手の指の関節に生じやすいのですが、股関節でも稀に発生します。

関節の腫れや痛み、起床時のこわばりなどが基本的な症状なのですが、食欲低下、倦怠感、微熱などの症状に襲われるケースもあります。

・特発性大腿骨頭壊死症

大腿骨頭の血行が滞り骨の組織が死滅して(壊死して)折れる疾患のことを「特発性大腿骨頭壊死症」と呼びます。

普通は脚の付け根にいきなり痛みが生じるものですが、最初に臀部、膝、腰が痛くなるケースもあります。

・腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア

背骨の腰の辺りにある5個の骨のことを「腰椎」と呼びます。この腰椎には、骨同士の間で「椎間板」という緩衝材の役目を持つ軟骨があります。何らかの理由でこの椎間板の位置がおかしくなって、脊髄から出ている神経線維である「神経根」や後ろ側の「脊髄」に圧力をかける疾患のことを「腰椎椎間板ヘルニア」と呼びます。

腰椎椎間板ヘルニアに陥ると、腰痛は当然として、脚から臀部にかけてしびれや痛みに見舞われる可能性が高いです。また、排便障害や排尿障害に襲われるケースもごく低確率ですがあります。

そして、背骨の内部に存在する「脊髄」が通るスペースが狭くなる疾患のことを「腰部脊柱管狭窄症」と呼びます。

腰痛や脚のしびれ・痛みなどに襲われる場合が多いですが、安静にしていれば脚のしびれや痛みに襲われることは少ないです。ただし、歩行したり立ったりした際には痛みに見舞われます。しかし、座って再度安静にすれば症状が和らぐことが多いです。

どちらのケースにおいても、腰の神経に圧力がかかって痛みが脚の付け根を襲う場合が少なくありません。このようなパターンでは、あぐらをかいたり脚をねじったりしても痛みは軽減されません(軽減はされませんが、酷くもならないことが多いです)。

このようなケースは横浜市整体のあくわ整骨院へ

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアについてわかりやすく解説いたします。同じ腰痛とこの症状は、メカニズムが異なり整形外科でも手術をすすめられる事が多いものです。まず特徴をしっかり理解する事が大切です。東京都からも評判の腰痛 ...

続きを見る

脊柱管狭窄症とは

腰痛の中の狭窄症について横浜市瀬谷区のあくわ整体院が解説いたします。 脊柱管狭窄症は、背骨の中にある脊髄神経を圧迫されてしまう症状です。 背骨の中にある神経が、何らかの原因で圧迫刺激を受けてしまい神経 ...

続きを見る

脚の付け根が痛み上記以外の疾患

上記の疾患以外でも、鼠径リンパ節炎や鼠径ヘルニアによっても脚の付け根は痛くなります。

・鼠径ヘルニア

脚の付け根に位置する筋肉の間から腸などが脱出してしまう疾患のことを「鼠径ヘルニア」と呼びます。

最初の段階では、脚の付け根が痛くなったり違和感が生じたりするケースが大半であり、長時間動くことでだんだん痛くなってくるものです。そして、これがエスカレートすると腸の脱出による隆起が自分でも分かるようになる場合が多いです。

・鼠径リンパ節炎

この病気は、脚の付け根のリンパ節に細菌・ウイルスなどの影響で炎症が生じる疾患です。

脚の付け根にしこりや腫れ、痛み(ズキズキすることが多い)が生じる場合が多く、炎症が酷いと熱を持つケースもあります。

・どの段階で整体院に行くべきか?注意点は?

歩行が困難、痛み自体は軽度でも継続している、痛みが酷いといった状態なのであれば、大腿骨や股関節の疾患に見舞われている可能性があります。心当たりがあるのであれば、すぐに整体院(横浜の当整体院でも対応できます!)に行きましょう。

受診のときには、併発している症状がないか、股関節が動作しにくくなっていないか、痛みやすい時間帯はあるか(夜、朝、起床直後など)、どのようなことをすると痛みを感じるのか(歩行時に痛い、立つときに痛い、そもそもなにもせずとも痛いなど)などを、できる限り詳細に説明してください。

日々の習慣の中にも脚の付け根を痛くする理由があります|対応方法も紹介

必ずしも疾患のせいで脚の付け根が痛くなるわけではありません。血流が悪い、運動が足りない、太っているなど、日々の習慣によって脚の付け根が痛くなる場合も多いです。

太っている

股関節は自重を支えてくれる非常に重要な場所です。立つ際には体重の600~700パーセント程度、歩く際には体重の300パーセント程度の圧力が加わると言われています。

ですから、太っていると当然股関節へのダメージが大きくなり、痛みも酷くなります。

・どのようなダイエットを行うべき?

「運動を取り入れる&適度な食事制限」が健康的なダイエットの基本です。

「○○しか食べないダイエット(例:リンゴダイエット)」ですとか「過剰な食事制限」などに取り組むと、身体を壊す場合が多いので気を付けましょう。

ダイエットで何度も失敗している、ダイエットの方法が分からないという場合は横浜市整体のあくわ整骨院へをおすすめします。

運動不足に関して

股関節の周りには長内転筋、大腰筋、腸骨筋などの筋肉が存在しています。運動不足等の影響で股関節の周りの筋肉が衰えると、股関節にかかるダメージが増加するため、関節軟骨がすり減って摩擦が生じやすくなります。するとそのせいで炎症に見舞われ痛みが強くなる可能性が高いです。

・どのような運動がいいのか

運動不足なのであれば、股関節の周りの筋肉を運動によって増大させることが大事です。体操、ストレッチ、ウォーキングなど軽度の運動なのであれば、少しくらい痛みがあっても取り組めるはずです。

ただし、痛いタイミングで無理に運動すると、その痛みがエスカレートしてしまうかもしれません。少しでもリスクを感じたのであれば、運動は控えましょう。また、運動をするときでも無理のない範囲に留めておくのが大事です。

横浜市の整体です。

運動
腰痛の運動メリット・デメリット

腰痛で痛みがある時に「運動」をしたほうが良いのでしょうか?横浜市瀬谷区の腰痛・ヘルニア専門整体あくわ整体院がご紹介します。 これは痛み強さにより違うものですが、多少痛みがあっても軽めの運動をした方が良 ...

続きを見る

プール
やっぱりそうか!腰痛改善にはプールが最高!

腰痛は寒さで慢性化しやすい? 腰痛はプールで運動が良いと聞いたことがあると思います。 では実際にプールで腰痛改善のために体を動かすと良いのか? 横浜市瀬谷区の腰痛やヘルニアの専門整体をしているあくわ整 ...

続きを見る

・血流不全、冷え

日々の生活の中で体温を上げ、体温を下げないようにすることが重要です。例えば、お風呂に入る、軽度の運動をする、身体をポカポカさせるものを食べる、身体が冷えるファッションを避ける、冷房をできるだけ使わないようにするなどですね。冷えのせいだと思えるのであれば、これらの事をしてみてください。

改善しない場合は?

これらのことをしても改善しないのであれば、予期せぬ要因が悪さをしているのかもしれません。ぜひ一回、横浜の当整体院にお越しください。

改善率91%
股関節痛の施術の流れ

目次 当院のご予約と整体の流れについてご紹介させていただきます。来院後の施術の流れ2、カウンセリング3、背骨・歪みチェック4、整体5、整体のまとめ6、次回予約・お会計横浜市整体のあくわ整骨院にお任せく ...

続きを見る

痛み 大和 瀬谷区 横浜

※感想は個人のものであり効能・効果を保証するものではなく、施術の効果には個人差がございます。予めご了承ください。

電話

施術中は電話に出る事ができないため、留守番電話にメッセージを残してください。

ホームページ運営
あくわ整骨院
代表:藤井真也(柔道整復師)
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
電話:045-363-0533

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤井真也

国家資格「柔道整復師免許」を習得しています。

-股関節痛
-,

Copyright© 横浜瀬谷の整体【腰痛ヘルニア 狭窄症】医師公認|あくわ整体院は大和でも人気です。 , 2018 All Rights Reserved.