股関節痛

【良く読まれているページ】はこちらです⬇️

激痛の股関節痛を徹底的に改善させる方法

投稿日:2018年11月22日 更新日:

まず股関節の痛みのメカニズムを横浜市の整体院がご説明します。

股関節痛で悩まれている方は横浜市でも多くいらっしゃいますが、例えば以下のような痛みでお悩みではないでしょうか。

・脚を開くと股関節に痛みが走る

内転筋群(内もも)が縮んで硬化してしまうと、お尻の奥部が痛くなる可能性が高いです。

・股関節が痛くなるので足の爪を切るのが嫌だ

お尻の筋肉が太く縮んで硬化してしまうと、股関節の動作が鈍くなり痛くなります。

・股関節の痛みは下肢に悪影響を及ぼします

股関節は人体のうちで最も大きな関節であり、脚をひねる・前後左右にスライドさせるなどの動作を担っています。また、歩行する、ジャンプする、走る、立つなどの色々な動作をうす際の一番重要な関節だとも言えますし、何よりも自重を支えてくれています。

そして非常に多くの筋肉群と連携していますので、傷めやすい場所だとも言えます。股関節にやや上部に「大転子(大腿骨の一部)」が存在します。この大転子の外面の先端に張り付いているのが「中臀筋」です。中臀筋には歩行中や直立時に、身体のバランスを保つ役目が

さらに、大転子の内部先端には「梨状筋」が深層筋として張り付いています。また、表層には「大臀筋」が臀部を広く覆う形で張り付いています。大臀筋は下半身をベースとして、様々な組織の位置を適切な場所にキープしたり、腰から上部の骨格が前傾しすぎないようにキープしたりする働きがあります。

これらのお尻周辺の筋肉が縮こまって硬化してしまうと、股関節の動作が鈍くなり痛みに襲われるようになります。

また、内転筋群が縮こまって硬化すると、開脚した際に臀部の奥部が痛くなるように。内転筋群が硬化してしっかりとした動作ができなくなると、臀部の筋肉に対する負荷が大きくなってしまうからですね。

以上のように各筋肉は連携しているものですから、痛みがある場所の筋肉だけをほぐしても痛みを大元から消すことはできません。股関節の痛みをしっかり除去したいのであれば、股関節とダイレクトに接続している下半身、ハムストリングス、大腿直筋、大腰筋などもほぐさなければなりません。

「股関節屈曲群が縮こまって硬化した状態」を放置していると、変形性股関節症に見舞われてしまうリスクが上がるので、股関節やその周辺に痛みを感じる場合はぜひ横浜の当整体院にお越しください。

横浜市の整体あくわ整骨院整では不要な手術はしません。

脊柱管狭窄症手術、椎間板ヘルニア除去手術、人工関節置換術などの手術が存在しますし、これらの手術を受けている方は多いようです。

脊柱管狭窄症とは

腰痛の中の狭窄症について横浜市瀬谷区のあくわ整体院が解説いたします。 脊柱管狭窄症は、背骨の中にある脊髄神経を圧迫されてしまう症状です。 背骨の中にある神経が、何らかの原因で圧迫刺激を受けてしまい神経 ...

続きを見る

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアについてわかりやすく解説いたします。同じ腰痛とこの症状は、メカニズムが異なり整形外科でも手術をすすめられる事が多いものです。まず特徴をしっかり理解する事が大切です。東京都からも評判の腰痛 ...

続きを見る

ただ、実際にはこれらの手術をしなくても治るケースの方が圧倒的に多い(9割以上という説もあります)です。また、手術しても他の箇所が痛くなったり、痺れや痛みが残ったりするケースも珍しくありません。

手術で確実に完治するのであれば行うべきかもしれませんが、現実にはそうとは言い切れません。

ですから、とにかく痛みを感じたらすぐにあくわ整骨院へ

そうすれば、保存療法(手術ではない方法)で変形性股関節症のエスカレートを止めることや、治すことができる可能性が高いです。

横浜の当整体院が適切な施術をいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

  • 変形性股関節症の進行状態の目安

〇初期

軽い痛み:やや痛む、違和感がある

運動を行った後や長時間歩いた後などに痛む。膝、太股、臀部に痛みやこわばりが発生する。

〇進行期

慢性的な痛み:痛みが継続する

関節の動作が鈍くなる。股関節の可動範囲が縮小する。脚の筋力がダウンする。痛みが日常的に発生するようになり、歩きにくくなる。

疼痛が酷いのであれば人工関節手術をするケースもありますが、まだ進行期なのであれば保存療法で治る場合が多いです。

〇末期

激しい痛み:安静にしていても痛む

股関節の動作が鈍くなる・硬くなる、脚が細くなる(筋力の低下が原因)、他の関節も硬化する、左右の脚の長さに違いが出る、歩行しにくくなる。

股関節

・全体的に関節同士のスペースが極端に狭くなっている

・骨棘がたくさん発生して、寛骨臼の底面が崩れている

・大きな嚢胞が発生している

などのものが確認できる場合が大半です。

痛みの引き金のほとんどは「筋肉の硬直・縮み」であり、神経に直接的な原因であるわけではない場合が大半です。

これまで、整体業界では「硬直して縮んた筋肉を揉んだり柔らかくしたりする」ことにより、状態を改善するのが良いとされていました。

しかし、近年では「筋肉の硬直をほぐすことにより不調や痛みを改善する」という、筋肉への負担が少ない方法が注目されています。

前者の施術は「痛みは神経が引き起こしている」という見解に基づくものだったのですが、後者では「痛みの要因は筋肉にある」という考えのもと、筋肉にダイレクトに働きかけることを重視しています。

○痛むまでの流れ

継続的なダメージや強烈な衝撃が及ぶと、筋肉は、骨や筋肉自体をケガなどから保護するために本能的に収縮します。このような反射のことを「脊髄反射」ですとか「伸張反射」などといい、つまりは脳が「つまりは収縮してガードせよ」というシグナルを出して、筋肉を硬直させて守るわけですね。このシグナルは異常なものなのですが、それでも積極的に解除しようとしないと、継続して発されるケースが多いです。そして、この信号が何度も出ると、「筋肉の硬直している部分」が広がっていき、調子がおかしくなったり痛みに襲われたりしてしまうのです。

ちなみに、「炎症が原因の痛みでないもの(靭帯損傷、骨折など)」の大半は、この「筋肉の硬直」が招いているとされています。

  • 筋肉の硬直のレベル

「筋肉の硬直」には大別して3つのレベルがあります。初期段階の硬直を「筋攣縮」と言い、それが悪化すると「筋拘縮」、さらにエスカレートすると「筋硬症」という状態になります。筋硬症は本当に激しく硬直した段階ですから、卓越した技術がなければほぐすことはできません。ですから筋硬症に陥る前、できる限り初期段階のうちに整体院に出向いてケアをするようにしましょう。横浜の当整体院ももちろん対応しております。

 

・筋攣縮(きんれんしゅく)

硬直したばかりの筋肉です。

圧力による痛みがあり、力を込めると痛むケースがあります。

「スパズム」とも言います。

 

・筋拘縮(きんこうしゅく)

硬直した状態が長く継続している筋肉です。

硬くなり過ぎているので、圧力による痛みをあまり感じなくなっています。

ですが、「筋攣縮」の段階よりも、緩めるのは非常に困難です。

また、一回緩めても完全には柔らかくならない場合が多いです。

ちなみに、筋膜にもダメージが及んでいます。

 

・筋硬症(きんこうしょう)

硬直の末期状態です。筋肉がゴム状になったり、ぶよっとしたりしています。

そのため、ほぐすのが大変困難です。また、一回ほぐすことができても僅かなダメージでまた硬直してしまう可能性が高いです。

股関節痛を改善させる整体の施術の流れ

目次 当院のご予約と整体の流れについてご紹介させていただきます。来院後の施術の流れ2、カウンセリング3、背骨・歪みチェック4、整体5、整体のまとめ6、次回予約・お会計横浜市整体のあくわ整骨院にお任せく ...

続きを見る

痛みが続くようでしたら横浜市の整体あくわ整骨院までご相談ください。

痛み 大和 瀬谷区 横浜

※感想は個人のものであり効能・効果を保証するものではなく、施術の効果には個人差がございます。予めご了承ください。

電話

施術中は電話に出る事ができないため、留守番電話にメッセージを残してください。

ホームページ運営
あくわ整骨院
代表:藤井真也(柔道整復師)
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
電話:045-363-0533

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤井真也

国家資格「柔道整復師免許」を習得しています。

-股関節痛
-,

Copyright© 横浜瀬谷の整体【腰痛ヘルニア 狭窄症】医師公認|あくわ整体院は大和でも人気です。 , 2018 All Rights Reserved.