捻挫

【良く読まれているページ】はこちらです⬇️

捻挫を放置してしまった悲しい結末…

投稿日:2018年12月5日 更新日:

HPをご覧いただき誠にありがとうございます。

横浜市瀬谷区の整体あくわ整骨院です。

腰痛と捻挫についてお話をしようと思います。

捻挫が特に足首に起こる外傷ですが、関節ならどの関節でも起こりえます。

捻挫は名称で、例えば、首のむち打ちや寝違いは、頸部捻挫となり、ぎっくり腰などは、腰部捻挫となります。

捻挫は、字のごとく捻って挫くと書きますが、臨床現場でも、段差などで足首を捻って捻挫することが多いです。

横浜市の当整体院は外傷が多いのも特徴です。

横浜はスポーツが盛んですので、スポーツで痛めてしまうことも多いのです。

そんな捻挫ですが、炎症期(ケガをして3日くらい)は積極的に冷やした方が楽になります。

痛めた箇所を安静にさせるために包帯やサポーターで固定すると良いでしょう。

しかし、そのまま、長期にわたり安静にしすぎは、良くありません。

関節は拘縮といって固まってしまうからです。

固まった関節は、そのまま放置してしまうと、後遺症として痛みや違和感が残ってしまうことがあります。これには注意が必要です。

早期のリハビリが大切なのです。

炎症が治まり痛みが引いてきたところで、少しずつ回すなどして動かす必要があります。

関節が固まってしまう拘縮では、その固まってしまった関節を緩めていく方が時間がかかります。

しかし、早く動かしすぎてしまうと関節を固定する靭帯が、緩くなってしまいますので、関節の固定感がなくなり関節自体が不安定になり、結果後遺症になってしまう恐れがあるので、タイミングを間違わないように慎重に行う必要があります。当院は横浜市の整体です。

捻挫の後遺症の腰痛?

当整体でも足首の拘縮で足関節が固まってしまい、それを庇うために腰痛になること多いです。

右足首と左の足首が硬さ(可動域)の違いがアンバランスに繋がり腰痛や首痛になるんですが、この後遺症を出さないようにしっかりとしたケアが大切なののです。横浜市の当整体院は腰痛を足首から改善させます。

捻挫は各関節にもなることが多いので、肩関節や首でもそうですが、普段使わない筋肉が固まってしまうが為に、その固まった筋肉を無理に捻れてしまったりすることで、関節の軟部組織といわれるものが破壊されてしまいます。

ですので、普段より各関節の柔軟性を高めていくことが大切です。

関節の柔軟性がないといざという時に大きく痛めてしまうことがあります。例えると硬い枝は折れやすく、柔らかい枝は折れにくいというようなことになります。

この関節柔軟性は、筋肉を伸ばすストレッチとは違い関節を適度に動かすことで柔らかくなります。

関節の柔軟性を出すには

関節を回す。

関節をまんべんなく回すことにより、関節の可動域が改善されます。(首を回す・腰回し・足首回すなど)

運動を心がける。普段より運動をすることで関節の動きが良くなります。また運動はストレス発散になるので、楽しく動かせる、ご自身の好きな、続けることのできる運動やスポーツが良いと思います。横浜には整体だけではなく習い事やスポーツジムなどもあるのでぜひ。横浜瀬谷区の当整体院でも関節のケアをお教えしています。

意識的に大きく動かす。

普段の日常生活で意識的に動かすことで、可動域が改善され痛みがでにくくなります。

筋肉補強

関節周辺に筋肉を付けることで関節が安定してきます。そうすることで後遺症を防ぐことができます。横浜市の整体あくわ整骨院では筋トレもお教えしています。」

まとめ

捻挫は放置してしまうと、後遺症として残るだけではなく、庇ったりすることで、腰痛や首の痛みなど思いも寄らない後遺症が残る可能性があります。捻挫は骨折ではないかたと甘く見たりせずしっかりと治していくことが大切ですね。

横浜市の整体あくわ整骨院でした。

 

 

痛み 大和 瀬谷区 横浜

※感想は個人のものであり効能・効果を保証するものではなく、施術の効果には個人差がございます。予めご了承ください。

電話

施術中は電話に出る事ができないため、留守番電話にメッセージを残してください。

ホームページ運営
あくわ整骨院
代表:藤井真也(柔道整復師)
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
電話:045-363-0533

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤井真也

国家資格「柔道整復師免許」を習得しています。

-症状解説
-

Copyright© 横浜瀬谷の整体【腰痛ヘルニア 狭窄症】医師公認|あくわ整体院は大和でも人気です。 , 2018 All Rights Reserved.