今だけ

1月27日まで期間限定

初回14000円

1日2名さま限定

ホームページ割引4000円(税別)

2回目〜8500円(税別)

【良く読まれているページ】はこちらです⬇️

腰痛の種類

投稿日:2016年8月10日 更新日:

イラスト

横浜市で腰痛に悩むAさん

「腰痛って色々あるみたいだし…」

「よくわからないな…」

 

 

原因や種類を知ることで腰痛を攻略することができます。

まずあなたの腰痛の状態を知ってください。

腰痛にはこんなに種類がある!

多くの人が持つ「腰痛」ですが、実は様々な種類があり、その痛みの原因も異なるのです。これは横浜市瀬谷区のあくわ整体院でも多種多様な腰痛を施術させていただいているのでよくわかります。

ある程度の年齢になると腰の痛みを「歳のせい」と考えてしまいがちですが、軽く考えずに先ず自分の痛みの原因が何かを調べるように意識しましょう。

原因には、「加齢」「背骨の異常」「筋肉・神経」「内蔵」「椎間板」といったものが代表的です。それぞれの原因毎に、どのような種類の腰痛があるかを見ていきましょう。

 1. 重ねた年齢からの腰痛

横浜市瀬谷区でもご高齢者が大きですが、原因で最も多いのが、この「加齢」による腰痛です。

加齢から来る腰痛は、「変形性脊椎症」、「脊椎骨粗鬆症」、「椎間関節症」といったものがあります。

当院の整体では、ご高齢の方も多く来院されますが、この加齢による腰痛は、腰を含めた股関節や膝、肩関節などの主要な関節が固まってしまい結果として腰に負担がかかることが多いようです。

  • 変形性脊椎症からの腰痛

腰に鈍い痛みや強張りを感じる腰痛です。立ち上がるとき、また寝返りのときなどで症状が強く表われることが多く、最初が最も痛く、徐々に痛みが緩和していくことが特徴です。

変形性脊椎症の原因は、椎間板の水分が減少して弾力がなくなることで、脊椎が変形して周囲の神経を刺激することからとされています。これは背骨の関節が変形してしまい、本来のスムーズな関節の動きができなくなり、痛みが出てくることが多いのです。

このタイプは整体と体操・エクササイズを組み合わせるとご高齢者でも効果を出すことができます。

  • 骨粗鬆症からの腰痛

慢性的な痛みを生じやすい腰痛です。腰から背中にかけて痛みを感じることが多く、なかなか痛みが取れない点が特徴と言えるでしょう。重症になると、背が低くなったり丸く曲がることもあります。近年の加速度的な人口の高齢化によって骨粗鬆症患者の急増が問題になっており、寝たきりの直接的原因の一つとなっています。当然横浜市でも急増しています。

これは、背骨が曲がってしまい痛みが出るパターンもありますが、曲がった背骨を維持するために、起立筋などの姿勢維持筋の負担が大きくなり痛みの引き金となることもあります。

脊椎骨粗鬆症の原因は、骨の「脆弱化」です。骨の成分が抜けて骨量が減りスカスカの状態になるため、小さな力で圧迫骨折を起こしたりするようになるのです。

そのため、整体でも強い刺激は避けできるだけソフトに施術を行います。横浜市のあくわ整体院が得意でもあります。

  • 椎間関節症からの腰痛

背骨部分の約30の椎骨の各ジョイント部分である椎間板が変形して薄くなってきて、関節の稼働に余裕がない状態で起きる痛みです。朝の起床時に最も強く症状があらわれ、なかなか起き上がることができないほどの痛みになることもあります。起き上がって活動を始めると、徐々に痛みを感じなくなります。そのまま放っておくと「椎間板ヘルニア」や「腰椎すべり症」といった、より重度の症状に発展することもあります。

痛みの直接の要因は腰椎の関節の炎症によるものです。

これはいわいる関節炎症状で、背骨の関節に炎症が生じ痛みを発します。特に背骨付近に痛みが出ることが多く運動をしている人はひとまず運動量を減らし、炎症が治ったら少しづづ動かすようにすると良いです。

2. 脊椎が原因での腰痛

脊髄が原因で発生する腰痛は、加齢とは関係なく、若い方でも発生することが少なくありません。症状が強く出始めると生活にも支障が出やすくなる為、注意が必要です。

  • 脊椎分離症からの腰痛

脊椎分離症とは、椎間関節の基部の骨が分離している状態で痛みが発生します。原因としては、腰の曲げ伸ばしや捻り運動を繰り返すことで徐々に骨の分離が起きてくることからです。骨が成熟していない少年期にスポーツで腰部に繰り返し負担がかかることで発症することもあります。腰に痛みを感じ、しばしば下肢に痛みや痺れが現れることもあります。また、同じ姿勢を長く続けていると症状が強く出る、という特徴があります。

坐骨神経痛も併発することもあるので当院の整体では、足の指から歪みを取るように施術を行います。

また長時間のデスクワークにも弱い傾向があります。

  • 脊椎すべり症からの腰痛

脊椎分離症と同様の痛みで、椎骨が前後にずれている状態によって痛みが発生ます。下肢にも痺れや痛みが出ます。

椎骨の一部がずれてしまい腹側に移動している状態の為、神経を圧迫し、そこから痛みや痺れが生じるのです。

分離症が悪化しすべり症になること多く、鈍痛や鋭い痛みが出ることもあります。

背中や腹筋を鍛え、腹圧を高めるようにする症状が安定することも多いので、横浜市の当整体院では、整体と併用し体幹トレーニングを行うことが多いです。

坐骨神経痛
腰椎すべり症を改善させる整体

腰椎すべり症でお困りの横浜在住のAさん 「腰痛で病院に行ったら腰椎すべり症と言われたけど、今後どうするか?」 「この腰痛をどうしたものか…」     そんな方も多くいると思います。 ...

続きを見る

  • 脊柱管狭窄症からの腰痛

脊柱管狭窄症は、立ち上がって腰を伸ばすと痛みを感じます。また、長く歩くと腰から足の裏にかけて痺れや痛みの症状があらわれ、歩けなくなることもあります。脊柱管とは、背骨に囲まれた管状の空間のことです。脊柱管を取り囲む椎体、靭帯や椎間版の変形等によって変性脊柱管の内径が狭まり、中を通っている神経や血管を圧迫することによって痛みが起こります。

これは、横浜市の当整体院でも多い症状が脊柱管狭窄症です。

坐骨神経痛を伴うことが多く、長きにわたり歩くことをしないと下半身の筋肉も衰えて、回復を送らせてしまうことが多くあります。

横浜市の当整体院では、まず歩ける状態まで整体で回復させつつ、自宅でトレーニング、歩行を再開するという流れを取ります。

脊柱管狭窄症を改善させる整体

腰痛・狭窄症で悩む横浜在住のAさん 「腰痛で病院に行ったら狭窄症と言われた…」 「歩くとすぐ痛くなるし、今後どうすれば良いのじゃ…」     ご安心ください。 脊柱管狭窄症は改善で ...

続きを見る

3. 筋肉や神経が原因での腰痛

腰痛症(ぎっくり腰)

「ぎっくり腰」と言われることもあり、「腰痛」と聞いてこの種の痛みを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。正確には、「ぎっくり腰」は中腰でものを持ち上げようとしたときに突然発症するものを指し、それ以外のものも含めて腰痛症は広義的に捉えられています。前に屈んだり、寒いところに長時間いるときに、症状が強く表われることが特徴です。重い痛みが続き、慢性化する場合もあります。

厄介なところは、腰の痛みがあってもレントゲン写真からは異常の原因を断定することができないことです。腰痛症の原因は、関節の筋肉や神経に強い負荷がかかったときや、過度の緊張や疲労によって起こります。運動不足や肥満、ストレスによる血行不良で筋肉疲労を起こし、そこから腰痛症を併発させることもあります。

大和市や横浜市瀬谷区の病院や整形外科で痛みが取れなかった場合は当院の整体をご利用ください。

ギックリ腰とは
ぎっくり腰になってしまったら??

急にやってくる強烈な痛み、【ぎっくり腰】予防には「筋肉疲労」や「骨格の歪み」、「いきなりの過負荷」に注意して! 誰もが聴いたことのある「ぎっくり腰」 急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、体を回旋(捻 ...

続きを見る

4. 内臓が原因で腰痛に

続いては、「内臓の疾患」によって腰痛が発生する場合です。

内臓疾患が疑われる場合は、原因となる病気の早期治療が必要になることもありますので、早急に医師の診断を受けるようにしましょう。また、毎年の健康診断を受けるなど常に自身の健康状態を把握しておき、腰と同時に不調な部位がないかなどを観ておくことも大切です。

内臓
大学病院で見落としがちな『内臓腰痛』とは

背中や腰が痛い・重い・だるい…そんな何んとも言えない症状が起こることもあります。 骨格の筋肉や神経に問題以外に、内臓から腰痛になることも考えられます。 大和市近くで腰痛を改善させるあくわ整骨院が、そん ...

続きを見る

  • 泌尿器系疾患からの腰痛

泌尿器系疾患によって腰痛を起こすというケースはめずらしくありません。疾患の種類としては、腎臓結石、尿路結石、膀胱炎、腎盂炎、前立腺肥大症、その他膵臓や大腸のがんなどもありえます。膀胱炎や腎盂炎は、一般的には残尿感や排尿時痛、頻尿などの症状があるが、そういった症状がなく、腰の痛みのみという場合もあります。その場合、当事者からすると痛みだけを何とかしようと鎮痛剤を使って、病気を見逃してしまうこともあるので注意が必要です。

  • 消化器系疾患からの腰痛

消化器系疾患によって腰痛が起きるケースもあります。疾患の種類としては、胃潰瘍、胆石、胆嚢炎、胆管炎、十二指腸潰傷、大腸憩室、膵臓癌などがあります。腰痛を起こす内臓系の疾患は、消化器系統の疾患が多いとされており、そのなかでも比較的腹部の奥の方、つまり腰に近いほうの疾患に多いという結果が出ています。

このように、腰痛は腰自体が原因とは限りません。「腰が痛くて最近は食欲も進まない…」という場合でも、実際は消化器疾患があって食欲がすすまなくなっていて、更に病気が進行して腰痛まで出てきた…という場合もあるのです。

  • 循環器系疾患からの腰痛

循環器系疾患、例えば腹部大動脈瘤、腹部大動脈解難、閉塞性動脈硬化症などで腰痛が起きるケースもあります。

このなかでも患者数が多いとされる腹部大動脈瘤は、横隔膜より下に位置する腹部大動脈部分にコブができて、血液の流れが悪くなる状態になることです。初期はあまり痛みや自覚症状などは見られず、その後コブのサイズが拡大してくると、腰部の骨や神経が圧迫されることによって、腹痛や腰痛が起こりやすくなるのです。

腹部大動脈瘤は動脈硬化が原因で起こる場合が多く、また、血流障害によって消化器系の疾患や腎機能の低下などが起きることもあります。とくに腹痛や腰痛が持続して痛みも増してくる場合には、大動脈が破裂直前であることが疑われますので、注意が必要です。

女性特有の疾患からの腰痛

女性特有の疾患、──例えば、子宮筋腫、卵巣膿腫、月経困難症などから腰痛が発生する場合もあります。特に子宮筋腫や卵巣脳腫は腰痛以外に自覚症状が出にくい場合があり、放っておくと不妊や腫瘍の肥大に繋がることもありますので、痛みが継続する場合は婦人科に診てもらうようにしましょう。

  • 一般的な疾患での腰痛

その他、風邪やインフルエンザの高熱の影響で腰痛が発生することもあります。これまで経験したことがあるという方も多くいらっしゃることでしょう。発熱が原因となっていることが殆どですので、こじらせずに早期の解熱、回復を目指すことが大切です。

5.椎間板が原因の腰痛

  • 椎間板ヘルニアからの腰痛

椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだしてしまった状態のことを指して言います。腰から足の爪先にかけて、痺れや痛みが表われます。痛みの度合いも強く、痛みで真っすぐに立てないことも多いです。重症になると排尿障害を起こすこともあります。弾力を失った椎間板の髄核が外に飛びだして、神経を圧迫することで起こります。

腰痛症

椎間板ヘルニアになるケースとしては、加齢による場合と、運動や労働で過度の負荷が掛かった場合とがあります。

腰痛ヘルニアを改善させる整体

ヘルニア・腰痛で悩む横浜市在住A君 「近所の病院でヘルニア手術しかないといわれた…」 「この慢性的腰痛をどうにかして改善できないものだろうか…」     でも大丈夫です! 椎間板ヘ ...

続きを見る

あなたはどのタイプの腰痛?

困るお年寄り腰痛で悩む横浜在住のBさん

「お隣さんも腰痛だけど私と違う腰痛みたい」

「腰痛にも色々なたい」

横浜でも腰痛で悩まされる方は非常に多くいます。
そんな腰痛を改善するために自宅でできる体操などが多く紹介されていますが、自宅でのホームケアを取り入れる際にすごく重要になってくるのが、あなたの腰痛がどういったタイプ方法で改善されるのかをまずは知ることが非常に大切です。

それはなぜかというと、自分の腰痛のタイプが分からずにホームケアを行うと誤った方法で逆に腰痛を悪化させる原因になりかねないからです。
今回は、まずはあなたの腰痛がどういったタイプの方法があっているのをしっかりと把握していただきたいと思います。

それでは、まずはあなたの腰痛を判断していきたいと思います。

後屈改善タイプの腰痛症状

まず初めに一番多いタイプとして後屈運動によって改善される、後屈改善タイプが挙げられます。
判断する方法としては、足を肩幅に開きます。手をお尻の上にあてて、
体を後ろに反らす後屈運動を10回ほど続けてやります。
重要なのが、1回だけの運動では判断してはいけませんし、判断できない事です。
この後屈運動を繰り返し行うことで、痛みの範囲や強さ、動きやすさなどを感じることができ、
改善か不変あるいは悪化などを判断することが可能です。

前屈改善タイプの腰痛症状

次に後屈改善タイプに次いで多くみられるのが、前屈改善タイプの腰痛です。
腰痛の約25%がこの前屈改善タイプとなります。
この前屈改善タイプを判断する方法としては、まず今回も肩幅に足を広げます。こちらも後屈改善タイプと同じように、体を前に曲げる前屈運動を10回ほど繰り返します。
前屈運動を繰り返すことによって、後屈運動と同様に、痛みの範囲や強さ、更には動きやすさ等によって、
改善か不変あるいは悪化したのかを判断していきます。

側屈改善タイプの腰痛症状

3つ目のタイプは、腰痛の方々の約10%にあたる側方改善タイプとなります。
この側方改善タイプの腰痛では、痛みが右なのか左かに偏っていることが多く、痛い方の反対側にお尻をずらしながら側方運動しながら判断していきます。

例えると、右側の腰や足が痛い場合は、まずは左側にお尻をずらして左側方運動をこちらも10回ほど繰りかえし行っていきます。他の運動と同じで一回だけ行っても判断基準に入りませんので気を付けてください。
痛い方の反対側におしりをずらす側方運動は、繰り返し行うことで痛みの範囲や強さ、動きやすさを確認し、
改善か不変あるいは悪化したかを判断していきます。

3つのタイプ方法が分かったところですぐに腰痛体操を開始しようと考えますが、あなたの腰痛が体操に適しているのかをまずはしっかりと見極めることが非常に大切です。
骨折や感染、あるいは腫瘍などが原因で腰痛になっている事もありますのでご注意ください。
そういった場合は、まずはそちらの治療を行い改善した後に体操を行ってください。
そうしなければ、体操を行うことで体に麻痺などの重大な病状に発展する可能性も少なからず出てきます。

そういった問題がなく運動ができると判断できたら、腰痛のタイプを確実に判断することも大切です。
まずは、運動が適切かどうかを判断するために1回だけの運動で判断するのではなく、運動を繰り返し行い判断していくことが大切で重要です。
運動を反復して行った結果、始めに感じていた痛みが改善したのか、悪化したのか、不変だったとかを判断していきます。
そこで判断基準を3つまとめていきたいと思います。

腰痛症状チェックで1つ目は、痛みの範囲です。

運動を繰り返すことによって痛みの範囲をしっかりと確認していきます。
痛みの範囲の大きさが小さくなれば改善された、痛みが広がるようであれば悪化したと判断します。

腰痛症状チェックで2つ目になりますが、痛みの強さです。

運動した際に痛みが弱くなれば改善された、強くなれば悪化したと判断します。
また痛みに対しての時間も判断基準になります。痛みの持続時間や頻度もすごく重要で、
痛みがない時間が長くなれば改善された、痛みの時間が広がるようであれば悪化したと判断することができます。

腰痛症状チェック3つ目が動いやすさで判断していきます。

動きやすさで判断する場合は、特に立ち上がりがスムーズになるといった変化があれば
改善されたと判断し、逆に腰を曲げにくくなったり、歩きにくくなった場合は悪化したと判断します。

もっとも重要なのが痛みの範囲となります。
これには3つの要素があるのですが1つ目に炎症性疼痛と言われる痛みであり、
椎間板や椎間関節または筋肉に炎症が起こることによって腰全体が痛くなります。
2つ目が神経因性疼痛と呼ばれる痛みで背骨の神経が圧迫されることで足に痛みやしびれが出てきます。
3つ目は、関連痛と呼ばれている痛みで、椎間板や椎間板関節の歪みあるいは筋肉の硬結があることで、
そこから離れた場所が痛くなることがあります。

まずは、自分の腰痛の原因をしっかりと知ることで、
自分の身体に負担をかけずに改善していくことがすごく大切です。
腰痛が出た場合に何もしなくて動かさないよりは、しっかりと体操などで腰をほぐすイメージで改善していきましょう。

 

仙腸関節を痛める中腰姿勢とは|横浜の整体院はご紹介

中途半端な前傾姿勢のことを指しこの中腰姿勢が腰にかか負担を大きくし腰痛を引き起こすことがあります。
人間の筋肉には、白筋は、瞬発力の白身魚のヒラメで赤筋は、この赤身の持久力タイプの赤筋に分類され、背骨を固定し姿勢を維持させる働きがあります。

しかし、この姿勢維持筋を局所的に使用することになり、筋疲労を起こし痛みが出てきてしまいます。最近ではあまり見かけませんが、畑仕事や田んぼ仕事で、背中の曲がったおばあさんがよくいましたが、これも極度な中腰姿勢が長年続き、筋肉や背骨が前傾姿勢に固まってしまい、そのまま、曲がった姿勢になってしまうのです。

同じ体勢も腰や仙腸関節ににかかる負担が著しいので気をつける必要があるのです。

仙腸関節とは

仙腸関節(せんちょうかんせつ)は脊椎の根元に位置し、画像検査ではほとんど判らない程度の3~5mmのわずかな動きを有しています

症状としては片側の腰臀部痛、下肢痛が多くみられます。仙腸関節障害で訴えられる“腰痛”の部位は、仙腸関節を中心とした痛みが一般的ですが、臀部(でんぶ・おしり)、鼠径部(そけいぶ・あしの付け根)、下肢(かし・あし)などにも痛みを生じることがあります。

長時間椅子に座れない、という症状が特徴的で、歩行開始時に痛みがあるが徐に楽になる、正坐は大丈夫という人が多くいらっしゃいます。

腰臀部、下肢の痛みを生じてきます。

当院にいらっしゃる患者さまの殆どが、痛み、痺れ、違和感、不快感などの通常の健康状態ではない方が多くいます。
それらの症状に関係しているのが【歪み】です。

この歪みを整えることにより、痛みを堪えて我慢したりすると、体の歪みが仙腸関節の負担を強くし結果慢性的な痛みになりかねません。

仙腸関節などの歪みを整える=痛みを取ると考えてもよいのです。では、どうやって痛み(歪み)を整えるのいうと、整体の技術を使い施術し歪みを整える=痛みを取ると考えてもよいのです。

戻ろうとする「自然治癒力」を最大限に働かせ腰痛や肩こり、頭痛などを改善させるのです。この当院の手法は、NEOとも呼ばれ、瞬間的に痛みを取り除く手技が特徴です。

また、NEOは、体の能動自発的な動きをだし、患者様の原始的な感覚を引き出しながら、患者様の力で回復させる手法となっています。
なぜ中腰姿勢で仙腸関節が歪んでしまうのかまず、簡単に説明すると、中腰などで体は外部環境などにより、より多くのストレスを受け生活する事により、骨盤や仙腸関節に器質的な変化が起こり、痛みやしびれと同時に体が歪んできます。

これらを横浜市の整体の当院の足元から歪みを足の指から骨盤、背骨と上に向かいながら改善させていきます。これの施術法は全国的にも珍しく遠く県外からも施術を受けに来られています。

腰痛の種類まとめ

ここまで説明しましたように、ひとえに腰痛と言っても、加齢による腰痛から、脊椎や内臓から来るものなど、非常に多くの原因の可能性があります。一番危険なのは、慢性的な痛みがあったとしても「我慢できるレベル」として放置した結果、症状がどんどん悪化してしまう──というケースです。

痛みは、身体から送られてくる体内異常のサインです。サインを受け取ってそのままにしておかないように、是非専門の医療機関に相談するようにしましょう。「何が原因かわからない…」という場合は、宜しければ当整体院でのご相談もお待ちしております。

ここまでご説明しましたように、ひとえに腰痛と言っても、加齢による腰痛から、脊椎から来るものなど、非常に多くの原因の可能性があります。一番危険なのは、慢性的な痛みがあったとしても「我慢できるレベル」として放置した結果、症状がどんどん悪化してしまうというケースです。痛みは身体から送られてくる体内異常のサインです。サインを受け取ってそのままにしておかないように、是非専門の医療機関に相談するようにしましょう。「何が原因の腰痛かわからない」という場合は、宜しければご相談もお待ちしております。当整体院では、オリジナルテクニックである痛みを出さないソフト整体で、体の根本から改善を促す施術を行います。揉まない、押さない、伸ばさないという独特の手法を用いた施術であり、腰痛に大きな効果が期待できます。

横浜市の瀬谷区の整体あくわ整骨院がしっかりと施術させていただきます。

痛くない整体
様々な腰痛を改善させる施術の流れ

目次 横浜の当院のご予約と整体の流れについてご紹介させていただきます。整体・施術の流れ2、カウンセリング3、背骨・歪みチェック4、整体5、整体のまとめ6、次回予約・お会計横浜市整体のあくわ整骨院にお任 ...

続きを見る

痛み 大和 瀬谷区 横浜

※感想は個人のものであり効能・効果を保証するものではなく、施術の効果には個人差がございます。予めご了承ください。

施術中は電話に出る事ができないため、留守番電話にメッセージを残してください。

ホームページ運営
あくわ整骨院
代表:藤井真也(柔道整復師)
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
電話:045-363-0533

後悔する前に今すぐ初めて見ませんか?

お問合せ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤井真也

国家資格「柔道整復師免許」を習得し安心・安全な施術を心がけています。 少しでも腰痛や痛みで苦しむ人のお役に立てればと思い、日々記事を書いています!

-腰痛
-, ,

Copyright© 横浜市瀬谷区の整体|横浜あくわ整骨院は大和市でも人気です。 , 2019 All Rights Reserved.