ヘルニアの手術を回避させるには

投稿日:2016年8月10日 更新日:

椎間板ヘルニアについてわかりやすく解説いたします。同じ腰痛と椎間板ヘルニアは、メカニズムが異なり整形外科でも手術をすすめられる事が多いものです。まずヘルニアとは何かをしっかり理解する事が大切です。東京都からも評判の腰痛専門整体のあくわ整体院がご紹介いたします。

腰痛を引き起こす椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアは、出っ張ったヘルニアを元に直接戻すことではなく、神経の炎症を抑え、身体の歪みを治すことを重点的に行うことが大切とされていますが、当院の整体では、出っ張った椎間板が凹む事例もあります。

腰痛がなくとも起こりうる「坐骨神経痛」と「腰椎椎間板ヘルニア」とは──?
坐骨神経痛」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。お尻の部分からふくらはぎを経由して通っている坐骨神経を中心に、下肢に痛みや痺れを感じるのが坐骨神経痛です。実は「坐骨神経痛」というのは病名ではなく、「腹痛」や「腰痛」といった単語と同様に、あくまで症状を指す言葉で横浜市瀬谷区の当整体院にも毎日のようにヘルニアの患者さんがいらしています。
腰からくる神経障害の坐骨神経痛の原因としては、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離辷り(すべり)症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患などさまざまありますが、多くの人の坐骨神経痛の主な原因となっているのが、「腰椎椎間板ヘルニア」なのです。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛はしつこい痛みを出すのが特徴ですが、改善させる事はできます。まず理解を深める事が大切です。 目次 「坐骨神経痛」の「いずれ治るだろう」は大きな誤解!|横浜市の整体坐骨神経痛とは─?坐骨神経痛 ...

続きを見る

脊柱管狭窄症とは

腰痛の中の狭窄症について横浜市瀬谷区のあくわ整体院が解説いたします。 脊柱管狭窄症は、背骨の中にある脊髄神経を圧迫されてしまう症状です。 背骨の中にある神経が、何らかの原因で圧迫刺激を受けてしまい神経 ...

続きを見る

坐骨神経痛
腰椎すべり症とは?

腰椎すべり症とは?症状や治療法についてはどうなってる? この記事では、 ・そもそも腰椎すべり症とは何か ・腰椎すべり症によって見られる症状は何か ・腰椎すべり症はどういった人に起こりやすいか ・腰椎す ...

続きを見る

ここで、病名に「腰椎」という腰の部位が使われているのに、腰痛ではなく下肢に痛みを感じる症状であることに疑問を感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。これは、下肢の痛みを脳に伝えるのは主に坐骨神経とその中枢にある脊髄ですが、下肢の手前の神経であったり、連結するどこかに異常があると、結果としてそれは下肢の痛みとして感じてしまう為ですので、整体をするときも腰だけではなく全身のバランスを調整させる必要があります。

では、腰椎椎間板ヘルニアになった際、坐骨神経の手前の部分で何が起きているかについて説明してみましょう。

身体の腰部分には、5つの腰椎骨と1つの仙骨という、いわゆる「こしぼね」という骨が形成されています。そして、それぞれの骨の間には「椎間板」というクッションがあり、そのクッションによって6つのこしぼねが連動される仕組みになっています。

ヘルニア

椎間板には中心部に「髄核」という粘性の組織があるのですが、何らかの原因でこの髄核が椎間板から出っ張ってきて、椎間板の外側にある神経に干渉をおこし、その結果痛みやしびれ、麻痺などを起こしてしまう──それが、腰椎椎間板ヘルニアです。この神経の干渉と同時に筋肉も緊張してしまうので整体でバランスを整えつつ痛みを改善させていきます。

どういう人が腰椎椎間板ヘルニアになりやすいのか?

腰椎椎間板ヘルニアの発症は、主に以下の2つが関係しているといわれています。
・環境要因(姿勢・動作)
・加齢
特に一つ目の「環境要因(姿勢・動作)」については、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも椎間板には体重の約23倍の圧力がかかるといわれ、こうしたことの繰り返しが、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展することもあると考えられています。腰に負担がかかりやすい職種に多く椎間板ヘルニアになりやすい傾向があり腰痛を我慢することで発症してしまうこともあります。

どのような人が腰椎椎間板ヘルニアになりやすいかというと、遺伝や加齢のほかには、以下のようなタイプの方が発症されやすいと言われています。

・普段忙しくされている主婦の方
・子育て世代妊娠中の人
・もう何年もデスクワークをしている人
・ホームヘルパーや毎日介護をしている人
・トラックなどの運転をよくしている人

実際に当整体院でも、腰痛がある椎間板ヘルニアや腰痛のない椎間板ヘルニアがいらっしゃいますが、デスクワークや介護職などの肩に多い傾向が見られます。

上画像:腰部椎間板ヘルニア 青い部分が椎間板髄核、これが出ることで、椎間板ヘルニアと診断され神経を圧迫すると神経障害を引き起こしますので、ここで整体による背術が有効なのです。

「椎間板ヘルニア」の痛みや痺れは、神経の炎症が原因

椎間板ヘルニアと聞くと「椎間板が突き出て、脊髄や神経に直接刺激してしまうことが原因」という印象を持たれている方も多いと思いますが、実は椎間板ヘルニアの痛みの主な原因は「椎間板が直接神経を圧迫すること」ではなく、神経の炎症から来ているのです。ですので、たとえ椎間板の出っ張りがあったとしても、神経の炎症が収まれば痛みなどの症状は無くなっていきます。
体内の他の部位で説明するとイメージも付きやすくなるかもしれません。通常、体の一部分を押しても痛みは感じられませんよね。ですが、叩いたりぶつけたりしてその部分が赤く腫れ上がっている状態であった場合は、そこに触っただけでも痛くなります。──椎間板ヘルニアも同様です。椎間板ヘルニアの痛みは、単に神経を圧迫しているだけではなく、その部分に炎症が起こっていて、そこにさらに圧迫があるから痛くなっているのです。炎症がなくなれば、症状特有のひどい痛みは引いていくことが予想されます。圧迫によるしびれや、だるさは残ることもあるでしょうが、日常生活に支障をきたすレベルからは大分緩和されることでしょう。
つまり、椎間板ヘルニアでの整体は、出っ張ってしまったヘルニアを元の状態に引っ込めていくこともありますが、その部分の炎症を取ることが、とても重要なのです。

「それでは、出っ張ってしまったヘルニアはそのままにしてしまうの?」とお思いになられた方もいらっしゃることでしょう。少し前までは、「一度出っ張ってしまったヘルニアは、自然には引っ込まない(治らない)」と考えられていました。

しかし、3ヶ月間の当院の整体でヘルニアの消失が確認できました。同時に腰痛と痺れや痛みもなくなりました。

東京都からもヘルニアを整体で改善したいと多くの方がご来院されています。

感激の口コミ続出!ご利用者さま体験談

目次 横浜市・大和市・東京都から腰痛・坐骨神経痛で整体を受けに来る人が大勢います。ホームページのイメージ通り、研究を怠らない姿勢が伝わります|腰部脊柱管狭窄症・座骨神経痛歩くと5分くらいで腰に痛みが出 ...

続きを見る

腰椎椎間板ヘルニアの施術方法は?

前述しました通り、腰椎椎間板ヘルニアの治療は、炎症を抑えることが一番重要です。痛い時には、体を動かさない様に、患者さんが最も楽な姿勢で安静にすることが大切です。
ですが、そこでひとつ気を付けないといけないのが、「身体の歪み」です。当人は安静にしているつもりでも、長年の生活でついてしまった身体の歪みが知らずのうちに負担をかけてしまっている──という場合も多くあります。特に一日の中でパソコンやスマホの利用時間が長い傾向にある現代人においては、身体の歪みは発生しやすくなっています。椎間板ヘルニアと合わせて身体の歪みが気になるという方は、東京都からも多い横浜市の当院の整体を受けられることをお勧めします。

【戻す】がテーマの横浜市瀬谷区のあくわ整体院では独自の整体術は、歪みを矯正しつつ、そのヘルニアを元の位置に戻す働きかけも行っていきます。

上画像:頚椎にヘルニアが発生した場合、腕や手に痺れ・神経痛が出る場合もある。

椎間板ヘルニアの手術を回避させるには?

マッサージでは治らなかった椎間板ヘルニアを改善させる横浜市や大和市の整体あくわ整体院がどうしたら椎間板ヘルニアの手術をせずに症状を解消させるかご説明させていただきます。

一言にヘルニアと言っても色々な部位でヘルニアという表現を使います。
ヘルニアは、ラテン語で(出っ張ったとか)(出てきたという)言語がもとになっています。

そのままの意味でヘルニアとは、何かが出てきた という症状なのです。
髄核とが出っ張ってしまうと、そこで神経や血管などを圧迫させて痛みを誘発させます
神経を圧迫するとは激しい痛みがでます、
椎間板ヘルニアで悩まれる患者さんは非常に多く、なかなか良くならずに思い悩んでいることが多いものです。
手術を受けられる方も多いものです。
また椎間板ヘルニアは首にも発症することがああります。
しかし、本当にヘルニアだけが原因なのでしょうか?
椎間板ヘルニアがあっても痛みがない人も多くいるのも現状です。
痛みがでて病院に行くとレントゲンを撮りますが、その時にそこに異常があるとそれが原因と判断されてしまいます。
従いまして椎間板ヘルニア=痛みではなく、ましてや、椎間板ヘルニア=お痛みの原因ではない、事も多いのです。
椎間板ヘルニアがあることにより身体が、ゆがんだりすることも、かなり多くあります。
ですので、椎間板ヘルニアだからと言って落ち込んだりする必要はありません。
むしろ、腰を施術するのではなく、身体全体を調整すくことにより、椎間板ヘルニアの症状が解消されていくのです。

このような人はもういませんか?

病院でヘルニアと診断された…

シビレや痛みがある…

動かすと痛い…

坐骨神経痛もある…

力が入らない…

当整体院の椎間板ヘルニアの施術方法

歪みを整え椎間板にかかる負担を減らすことを優先させ神経・血管・リンパなどを整え椎間板に栄養素を分け与えることで全身が軽くなり局所の痛みも軽減され姿勢もよくなり再発を防ぎます。

施術の流れ

当整体院のご予約と整体の流れについてご紹介させていただきます。 目次 ご予約来院後の施術の流れ2、カウンセリング3、背骨・歪みチェック4、整体5、整体のまとめ6、次回予約・お会計腰痛はあくわ整体院にお ...

続きを見る

椎間板ヘルニアを手術しようかお悩みならぜひ1度、横浜市の「あくわ整骨院」にご相談ください。

椎間板ヘルニアは当院の最も得意な疾患です。ですので東京都からも整体を受けに多く来院されるのです。
一般的な整体と比べ当整体院の高度な技術を要す整体術では、頸椎・腰椎を問わず椎間板ヘルニアを改善させる作戦があります。
椎間板ヘルニアの90%は、それが直接的な原因ではなく、身体の歪みによるものなのです。
【戻す】がテーマの当院独自の整体術は、その椎間板ヘルニアさえ元の位置に戻す事が出来るのです。横浜市だけではなく近隣大和市の方も多くご利用されています。

末梢神経から機能的には、神経の末端で感じた感覚を脳に伝えること、脳からの指令で筋肉を動かすことの2つですが、末梢神経が麻痺するとこれらの神経が障害されることになります。
椎間板ヘルニアで圧迫される神経は、知覚神経と運動神経が一緒になっているので程度の違いがありますが知覚と運動に障害が出てきます。
省略 最も多くみられるの第4,5腰椎のヘルニアでは、下腿外側から足の甲のシビレや知覚障害、足首や足の親指を上に反らせる力が弱くなりスリッパが脱げるようになります。

このように、整形外科的や解剖学的にヘルニアのメカニズムは解明されています。
ヘルニアが悪い症状にはなってしまっていますが、同じヘルニアでも、症状がない人もいます。
それは、ヘルニアがあっても、他の筋肉や靭帯、神経が正常に働いているからです。
ヘルニア以外の筋肉や靭帯、神経を正常に戻す事で、症状を抑え、自然治癒力がすこぶる高まり、結果として良い結果が生まれるのです。

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、出っ張ったヘルニアを元に直接戻すことよりも、神経の炎症を抑え、身体の歪みを治すことが重要です。つまり、「ヘルニアを治す」というだけではなく、「痛みの元となる炎症を緩和していきながら、ヘルニアになる前の、正常であった身体の状態に戻していく」という整体が、短期的にも中長期的にも、ご利用者さんにとって最も望ましいということです。
横浜の当整体院では、高度な技術を要す整体術によって、身体の歪みを矯正していき頸椎・腰椎を問わず椎間板ヘルニアを改善させるプログラムも用意しております。
腰椎椎間板ヘルニアの疑いをもたれている方、身体の歪みを気にしている方、その他腰痛でお悩みの方は、是非横浜にある当整体院にお問い合わせください。大和市の方にもご利用されています。

椎間板ヘルニアは当院の最も得意な疾患です。
一般的な整体と比べ横浜市の当整体院の高度な技術を要す整体術では、頸椎・腰椎を問わず椎間板ヘルニアを改善させる作戦があります。
椎間板ヘルニアの90%は、それが直接的な原因ではなく、身体の歪みによるものなのです。
【戻す】がテーマの当院独自の整体術は、その椎間板ヘルニアさえ元の位置に戻す事が出来るのです。横浜市だけではなく近隣大和市の方も多くご利用されています。

-椎間板ヘルニア
-, ,

Copyright© 横浜市の整体なら腰痛を手術させない大和市近くあくわ整骨院へ , 2018 All Rights Reserved.