脊柱管狭窄症とは

投稿日:2016年8月10日 更新日:

腰痛の中の狭窄症について横浜市瀬谷区のあくわ整体院が解説いたします。

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある脊髄神経を圧迫されてしまう症状です。
背骨の中にある神経が、何らかの原因で圧迫刺激を受けてしまい神経根症状が出てしまうのです。
狭窄症は、長い間歩けないのが特徴で、しびれや痛みがでてきます。
ですが、自転車や椅子に座っているときは痛みがでないのが特徴的です。
病院では、加齢によりなどと言われてしまう事が多くありガッカリしてしまう人も多いものです。
狭窄症で接骨院などに通われる人も多いと思います。
残念ながらマッサージなどでは、気持ちがイイものの最後まで改善させるには難しいと考えていますが、その理由をご紹介します。

「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」についてお話していきます。

この記事をお読みになられている方の中にも、脊柱管狭窄症で苦しまれている方、もしくはご家族で脊柱管狭窄症に悩まされている、といった方も多くいらっしゃることでしょう。
脊柱管狭窄症は、腰や下肢の痛み・痺れから歩行などの日常生活に支障をきたし、また、自然治癒のされることの滅多にない、とても厄介な病気です。そして、この病気の治療法として用いられる鎮痛剤やブロック注射、マッサージ、カイロプラクティックなどはどちらかというと対症療法としての治療であって、脊柱管狭窄症を根本的に治癒していくための方法にはなり得ないことのほうが多いでしょう。
ですが、脊柱管狭窄症は不治の病なのかというと、決してそんなことはありません。脊柱管狭窄症を根本的に改善していく方法はまた別にあるのです。

そもそも、脊柱管狭窄症とはどんな病気か

はじめに、「脊柱管(せきちゅうかん)」について簡単に説明します。
脊柱管は、背骨に囲まれた管状の空間部分を指します。背骨は「椎骨」という骨が積み重なって構成されており、その椎骨内に脊柱管が存在します。脊柱管は内部に神経束や血管が通っており、脊柱管はそれらの神経を守る役割があります。

そして、この脊柱管は、「椎体」や「椎弓」、「靭帯」、そして「椎間板」といったものに取り囲まれているのですが、これらの変形や変性(例えば、体や椎弓の変性、靭帯の肥厚、椎間板の突出等)によって、脊柱管が圧迫され通常より狭くなってしまうことがあります。すると、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されてしまい、それによって腰痛や下肢の痺れなど、さまざまな不具合が起こるようになるのです。

背骨が変形し脊髄神経を圧迫され脊柱管狭窄症になります。

脊柱管狭窄症の主な症状

脊柱管狭窄症の主な症状は、以下の通りです。

・ 体を動かしたりすると痛みが強くなり、安静にしていると痛みが軽くなる。
・ 少しの間続けて歩いていると腰や足部分に痺れや痛みが生じ歩くこと自体が困難になるが、休むとまた歩けるようになる。
・ お尻から脚部にかけて、痛みと併せて痺れが生じることがある。
・ 階段や段差等でつまずくことが多くなる。

このように、脊柱管狭窄症になると歩行が不自由になることが多くなり、その他にも「腰が曲がる」、「腰や足が痛い」、「腰や下肢の部分で激痛がする」などの症状が表れます。

また、脊柱管狭窄症の人は、「間欠跛行(かんけつはこう」という症状にもなりがちです。間欠跛行とは、安静時には殆ど症状は見られなくとも、ある時間歩き続けるうちに、足の痛みやしびれ、脱力感が強まり、継続して歩くのが困難になるような症状です。また、その際にしばらく前かがみになって休むと、痛みやしびれが軽くなってまた歩けるようになるのですが、症状が進むと、歩いている際の痛みや痺れを感じないインターバルがだんだん短くなって、ひどくなると立っているだけでも辛くなることもあります。
すでに脊柱管狭窄症の症状が出ているという方は、横浜の当院「あくわ整骨院」でも、脊柱管狭窄症の治療実績は数多くございますので、宜しければお気軽にご相談ください。

跛行

上画像:痛みによる間欠性跛行でまっすぐに歩けない状態になってしまった当整体院のご利用者様

脊柱管狭窄症の症状の種類

脊柱管狭窄症は大きく3つの症状の種類に分けられ、それぞれ「馬尾型(ばびがた)」、「神経根型(しんけいこんがた)」、「混合型(こんごうがた)」と言われます。

馬尾型
馬尾神経という個所(脊髄神経は馬の尻尾のような形状で何本にも分かれて神経が出ていることから、こういった名称になっています)が圧迫を受けるタイプの脊柱管狭窄症を「馬尾型」と呼びます。馬尾型の特徴は、下肢に強い痺れ、ときに麻痺といった症状が出て、酷くなると排尿・排便障害を伴うこともあります。

神経根型
神経根型は、その名の通り脊髄の神経の根本部分が圧迫を受けてしまうタイプの脊柱管狭窄症です。このタイプの場合、腰の痛みはほとんどないのが特徴的です。その代り、左右の圧迫されている側の足の方に痛み・痺れが生じます。特徴としては、腰椎を曲げることで症状が軽くなったりします。

混合型
上記の「馬尾型」と「神経根型」の両方の症状が出るタイプの脊柱管狭窄症を混合型と呼びます。この場合、腰の痛み、痺れは重度であることが多く、日常生活に支障をきたすレベルである場合が殆どとなってきます。

脊柱管狭窄症になる原因は──

前述の通り、脊柱管狭窄症とは、脊柱管が通常より狭くなってしまい、内部の神経が圧迫されることにより症状の出る病気です。生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、変形性脊椎症による椎体の骨棘の影響や、変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形などで発症することもあります。
また、年をとると多かれ少なかれ脊柱管は狭くなっていきます。それに加えての、加齢による骨形成の変化によって脊柱管狭窄症が起きることも多いです。

狭窄症で好発する坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛はしつこい痛みを出すのが特徴ですが、改善させる事はできます。まず理解を深める事が大切です。 目次 「坐骨神経痛」の「いずれ治るだろう」は大きな誤解!|横浜市の整体坐骨神経痛とは─?坐骨神経痛 ...

続きを見る

脊柱管狭窄症はどんな人が罹りやすいか

脊柱管狭窄症は高齢の方に多くみられますが、若い方でも重労働や重いものを持つ職業で腰や下半身に無理をしていたり、若いときに腰を痛めたことがある人、トラックやタクシーの運転手といった長時間運転する人などは、変形性脊椎症が起こりやすく、脊柱管狭窄症のリスクも高まります。また、変性すべり症は中年の女性に起こりやすい病気ですが、これによって腰部脊柱管狭窄症を併発されるケースも多く横浜市の当院でも多くいらっしゃいます。

上画像:椎間板ヘルニア→脊柱管狭窄症→坐骨神経痛(馬尾神経)併発・間欠性は行併発(歩くと腰部・下肢が痛くなる)というパターンも多くあります。

ヘルニアの手術を回避させるには

椎間板ヘルニアについてわかりやすく解説いたします。同じ腰痛と椎間板ヘルニアは、メカニズムが異なり整形外科でも手術をすすめられる事が多いものです。まずヘルニアとは何かをしっかり理解する事が大切です。東京 ...

続きを見る

脊柱管狭窄症の整体療法について

脊柱管狭窄症の一般的な治療方法についても見てみましょう。

マッサージやカイロプラクティック、鍼灸は有効?

脊柱管狭窄症は激しい腰の痛みや足の痺れから、その部位をかばうことによって更にそれ以外の身体の部分に負担がかかってしまうというケースが多くあります。例えば、腰が強く張ってしまうケース、背中が凝り固まってしまうケース、痺れている逆の足に負担をかけて身体のバランスが悪くなってしまうケース、肩こりが酷くなるケース、首周りの凝りが酷くなるケース、中には身体全体が筋肉痛になってしまう人もいます。

このような状態をなんとかするために、「凝りをほぐしたり、緊張している筋肉をほぐしたほうが良いのでは」ということで、脊柱管狭窄症の治療にマッサージ、カイロプラクティックを検討される方も多いようです。確かに、これらの治療方法によって一時的にせよ身体が楽になることはあるでしょう。ですが、この病気の原因の根本は脊柱管が狭まって神経を締め付けていることですので、その原因の根本への解決に至ることはないでしょう。

同様に、「一時的に痛みを和らげる」施策として温熱療法や鍼灸治療が取り上げられるケースも多いですが、これらも原因の根本を取り除くための治療にはなりませんので、ご注意ください。

また、施術者の技術不足によって、「カイロプラクティックを受けてから症状が悪化した」という患者さんは多いということもお伝えしておきます。カイロプラクティックは非常に高度な技術を必要とする割に、現在の国内ではそれ程の技術を持たずとも開業できてしまうため、力量不足の施術者の割合がどうしても高くなってしまっているのです。

治療方法の選定の際には、脊柱管狭窄症の実績のある医療機関の相談を受けつつ実施していくことを強くお勧めします。「どの医療機関に相談すればよいかわからない」という場合は、横浜の当院「あくわ整骨院」までご相談ください。

脊柱管狭窄症を根本から治す崩れている体のバランスを整える「整体」

ここまでの治療方法をご覧になって、気付かれたことはありますでしょうか。
──そうです。紹介した治療方法はすべて、「痛みや圧迫個所の除去」という、いわば目の前の課題の対処にフォーカスしたものでした。ですが、そもそも脊柱管狭窄症は、身体の姿勢であったり骨格が歪んでくることによって発生する病気です。

つまり、その「歪みを強制していく」ということが、脊柱狭窄症の根本治療で、最も大切なことなのです。

脊柱狭窄症の根本治療で、大切なこと
・崩れて歪んでいる体のバランスを整える
・腰椎を補助している筋肉を強化する
・日常生活の見直しを行い、身体への疲労・ストレスの蓄積を軽減させる

これら上記の取り組みによって、せまくなった脊柱管が広がり、内部の血流が良くなることが期待できます。

例えば「前屈」のストレッチ。前屈を繰り返すことによって、狭くなった脊柱管の出口が徐々に広がっていきます。その「徐々に」は、ほんの少しずつの単位ではあるのですが、一定レベルまで脊柱管が広がったタイミングで劇的なほど症状が軽くなり、楽になることも多くあるのです。
この時にご注意いただきたいのは、ただ「単に前屈をすれば良い」というわけではなく、やはりここでも正しいやり方というものがあります。運動療法で医師の指導のもと、筋肉の伸縮のバランスを正しくする指導を受けるようにしましょう。

まずは脊柱管狭窄症の実績のある医療機関で診断と治療を受けながら、日々の生活内で症状を軽減していくための働きかけをご自身で進めていくための計画を立てる──これが、脊柱管狭窄症と向き合っていく上で、とても大切なことです。

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアはお任せください
治す整体への強いこだわり

目次 あなたが諦めていたその辛い腰痛や肩凝りを、NEOテクニックで改善させます。あくわ整体NEOテクニック目で見える効果が改善率の高い理由です。坐骨神経痛と腰痛のひどいAさんの場合 大和市在住重度の腰 ...

続きを見る

「ここは本物だ!!」

東京都在住60代男性 匿名 腰部脊柱管狭窄症の整体体験談

Q,どんな症状でお困りでしたか?
A,腰からくる太ももの痛みとシビレがあり歩いたりジャンプしたり階段を下りると痛みがでていました。
Q,整体前は、整体についてどのようなイメージや不安がありましたか?
A,針、カイロプラッティツク、整形外科、整体、マッサージなど色々試しましたが気持ちは良かったが痛みが消える事はありませんでした。
Q,なぜ数ある整体院から横浜の整体院を選んで頂けましたか?実際に来院していかがでしたか?
A,腰部脊柱管狭窄症と整形外科で言われ薬を飲んだが一向に良くならずインターネットで調べて横浜あくわ整骨院を見つけ、一度行ってみようと思いました。
Q,施術をうける前と受けた後は身体に変化はありましたか?
A,横浜あくわ整骨院にきて施術をうけたら痛みが軽くなったので、「ここは本物だ」と思い通院しようと思いました。
Q、他の整体や病院とどう違いましたか?
A,他の治療院で痛みがとれなかったのですが、横浜あくわ整骨院で痛みがとれてビックリしています。
Q、来院しようか悩んでいる方に一言メッセージをお願いします!!
A,横浜あくわ整体院は少し変わった整体院ですが他の整体や治療院とはやり方が違うと思います。
痛みに悩んでいる人は一度横浜あくわ整骨院の整体を受けてみた方が良いと思います!!
感激の口コミ続出!ご利用者さま体験談

目次 横浜市・大和市・東京都から腰痛・坐骨神経痛で整体を受けに来る人が大勢います。ホームページのイメージ通り、研究を怠らない姿勢が伝わります|腰部脊柱管狭窄症・座骨神経痛歩くと5分くらいで腰に痛みが出 ...

続きを見る

まとめ

病院で脊柱管狭窄症といわれて辛い思いをした患者さんも多いと思います。
MRIのような大掛かりな検査をし脊柱管狭窄症と診断されたが、肝心の治療法がない…
まずは色々試されてそれでも改善されない時は、お気軽にご相談ください。

横浜市瀬谷区のあくわ整体院の整体で十分に手術を回避させる可能性があります!大和市からも多数来院されています。

高い改善率‼︎
脊柱管狭窄症の手術を回避させる施術の流れ

当整体院のご予約と整体の流れについてご紹介させていただきます。 目次 ご予約来院後の施術の流れ2、カウンセリング3、背骨・歪みチェック4、整体5、整体のまとめ6、次回予約・お会計腰痛はあくわ整体院にお ...

続きを見る

-脊柱管狭窄症
-

Copyright© 横浜市の整体なら腰痛を手術させない大和市近くあくわ整骨院へ , 2018 All Rights Reserved.