【良く読まれているページ】はこちらです⬇️

自賠責保険と任意保険

投稿日:2016年8月11日 更新日:

自賠責保険の正式名称は、自動車損害賠償責任保険 といいます。

簡単に表現しますと、自賠責保険は『下積み保険』で任意保険は『上乗せ保険』になります。
自賠責保険は、強制保険なり必ず加入しないといけません。

なのですが、交通事故に遭遇した時に被害者は加害者に損害賠償を請求できるのですが、上限があり、それ以上は自己負担となる可能性がある為に、任意保険をはいられる人がほとんどです。

自賠責保険の保険金額の上限は、自動車損害賠償保障法13条に基づく自動車損害賠償保障法令2条により決まっています。
自賠責保険は最低限の保証を確保するものです。
ですので、支払額はある一定で打ち切りとなります。

死亡事故・・・3000万円まで
傷害事故・・・120万円まで
後遺障害の場合・・・障害事故限度額120万円のほかに後遺症の程度(1級~14級)に応じ75万円~4000万円まで
損害賠償がこれで足らない場合は、任意保険で補うことになります。

慰謝料とは・・・

交通事故により精神的ダメージ(苦痛)に支払われる賠償のことを指します。
自賠責保険には慰謝料計算方法があり通院期間・通院日数により金額が変わります。
痛み、しびれなどがあるのにそれを我慢し放置すると慰謝料の金額が下がってしまうおそれがあるので注意が必要です。
当院で自賠責保険で施術をした場合
『自賠責保険法』で定められた支給額・・・120万円を限度として一日(1回)当たり4200円になります。
患者さんには、選択する権利があります。その権利を誰も侵害することはできないのです。
あくわ整骨院は、国家資格を習得し捻挫や打撲・挫傷など外傷の治療が出来ます。
ですので交通事故も対応しているのです。
自賠責保険で賄えない場合は、任意保険の出番となるのです。
人身事故では最低限保証=自賠責保険
それの不足を補う=任意保険
となるのです。
任意保険は強制ではないのですが、ほとんどの人が任意保険に加入します。
任意保険は契約により保証が変わっていきます。
施術費とは
診察料や手術料、投薬料や処置料、入院費など・・・必要かつ妥当な実費が支払われます。
 
看護料とは
原則として12歳以下の子供に近親者等の付き添いや医師が看護を必要と認めた場合の入院中の看護料や自宅看護料・通院料・・・入院1日4100円、自宅看護か通院1日2050円、これ以上の収入減の立証で近親者19000円、それ以外は地域の家政婦料金を限度に実費が支払われます。
休業損害とは
事故の障害で発生した収入の減少(有給休暇の使用、家事従事者を含む)。・・・原則として1日5700円。これ以上の収入減の立証で19000円を限度としてその実費が支払われます。当院の通院分も申請できます。

任意保険

任意保険とは、任意(強制ではない)に自分の自動車にかける保険で保険金額も自分で決まれます。
自賠責保険の補償を超えた際に補えるような仕組みになっています。
従いまして、自賠責保険の上乗せ・補足保険とも解釈できます。
以下の内容があります。
車両保険
自動車同士が事故を起こした際におりる保険金です。
搭乗者傷害保険
事故をした自動車に同乗していた人に支払わられる保険金です。
対物賠償保険
交通事故にて物を壊してしまった際に支払われる保険金です。しかし、自分の自動車にはおりませんのでご注意ください。
自損事故保険
契約している保有者や運転者などが交通事故にて死亡、後遺障害を生じた損害を保証するもす。
自分が原因で自分を傷つけてしまう自爆事故などはこれに当たります。

後遺障害について

交通事故の遭遇しケガをしてのちのち大きなトラブルになるのが後遺症の有無です。
法的には後遺症ではなく後遺障害と表現され、範囲が狭くなるという解釈ができます。
事故後のケガか完全に回復しきれなかった際に後遺障害とされます。
示談交渉で治った、良くなったと感じ示談成立をさせてしまうと、もしその後に不調が場合があります。
この観点からも示談交渉は慎重にする必要があるのです。
症状固定
これ以上良くならない、治らないとなると症状固定となります。症状固定は、その名の通り、症状が固定、すなわち変化が見当たらないと判断されたさいになります。ここで注意が必要なのが、固定であって、安定ではない事です。何かしらの不具合(肩こり・腰痛・頭痛・シビレ)などの症状があってもこれ見なされることが多くあります。後遺障害 症状固定後
どうみてもこれ以上治らない、症状固定となると、その後は後遺障害に対する損害賠償の問題です。症状固定後は休業補償がもらえなくなります。ですから、いつ症状固定となったかが重要になるわけです。
後遺障害認定
後遺障害を認定できるのは、医師になります。その際に診断書が必要になりますので、医師にお願いして書いてもらいましょう。
その診断書(自動車損害賠償責任保険後遺症害診断書)を保険会社に提出します。
この診断書の日付が認定日となります。

annsinn

5つの強み(修正版4) (1)

痛み 大和 瀬谷区 横浜

※感想は個人のものであり効能・効果を保証するものではなく、施術の効果には個人差がございます。予めご了承ください。

電話

施術中は電話に出る事ができないため、留守番電話にメッセージを残してください。

ホームページ運営
あくわ整骨院
代表:藤井真也(柔道整復師)
所在地:神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
電話:045-363-0533

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤井真也

国家資格「柔道整復師免許」を習得しています。

-交通事故の整体
-

Copyright© 横浜瀬谷の整体【腰痛ヘルニア 狭窄症】医師公認|あくわ整体院は大和でも人気です。 , 2018 All Rights Reserved.