突き指

投稿日:2016年8月11日 更新日:

その【突き指】を当院の整体で解決しませんか!?

突き指も良くある症状です。
人間の指は以外にもろく、外的な力が加わると組織が捻じれ、伸ばされ、詰まることにより発生します。
また、指の関節は軟骨で覆われておりその軟骨が弱くもろいという事も要因の一つと考えられています。
人により症状はそれぞれですが、まず重要なのが、冷やすこと、安静です。
冷やしは、それ以上腫れることを防ぐ効果があり、安静はそれ以上組織を壊すことを防いでくれます。
しかし、残全ながら一般的な医療機関では、薬や軽めの固定になってしまうことがあるので注意が必要です。
当院は整体の技術をつかいズレた関節を元の戻し調整してから固定しますので、治り方が全然違います。
突き指は、後遺障害が残りやすいという怖い一面もありますので、油断をしないようにしてください。
過度にボールがぶつかったりした際に起こるのです。
例えば、当院で施術する時は
関節が腫れ・うずくような痛みがでます。
これもズレた関節をもどし、正常な状態で固定します。
あまり長く固定すつと関節が固まる恐れがありますので、早期にリハビリを行います。
また、当院の整体や超音波治療器で、炎症を抑え回復を早めますのでそちらで施術いたします。
骨折の有無を確認し必要と判断すれば病院をご紹介いたします。
マレットフィンガーという変形をしてしまうと生涯そのままという事もありますので、そのままにしないで速やかにご相談ください。

このような心当たりはありませんか?

痛いところを動かしている…

痛みがあるに処置をしていない…

ズキズキ痛みはれている…

スポーツで早期復帰をしたいがほったらかし…

仕事や家事で制限があり包帯などが巻けない…

突き指を当院で治療するとこうなります

関節を調整することにより元の位置関係にもどす事で改善します

炎症を沈め痛みを取り除くので早く良くなります

ご希望によりスポーツテーピングなどで固定するので安心してください

関節や傷めた血管を修復すべく古流の技を使用するから他院様より早く良くなります

院長の考え

突き指を放置してしまう人は多いものですが、絶対に放置してはいけません。

テーピングなどの固定も悪いものではありませんが、それが一番早道というわけではないようです。
突き指は、関節の組織を傷めてしまっう為に、将来後遺症を残してしまうことがあります。
後遺症は、残さないように施術を続ける事が大切です。万が一この後遺症になると、非常に厄介なものになってしまいます。
突き指の後遺症
・曲がらなくなる
・伸ばせなくなる
・力が入らなくなる
・スポーツに支障が出る
・指をかばい肘痛や腰痛・肩こりになる
そうなる前にしっかりとしたケアが大切なのです。
もちろん昔からの後遺症も良くさせる施術法が当院にはあります。

-症状解説
-

Copyright© 横浜市の整体なら腰痛を手術させない大和市近くあくわ整骨院へ , 2018 All Rights Reserved.