肉離れ・アキレス腱損傷を甘くみていませんか?

投稿日:2016年8月11日 更新日:

肉離れ・アキレス腱損傷を再発させさないために

肉離れ(挫傷)は激しいスポーツ(特に部活)などで発症します。
どの筋肉でもなる可能性があるのですが、可能性が高いのはふくらはぎ(腓腹筋・ヒラメ筋)です。
ふらはぎは、走る際に思いっきり力の入る筋肉ですので、ご自身の筋肉で引き伸ばされてしまい受傷することがあります。
筋肉の線維は、非常に細かく、ある程度、柔軟性があると伸びてくれるのですが、固まった筋肉を無理に伸ばしてしまうと筋肉を傷めてしまします。
重症度によりランク付けされ、最高損傷ランクになると、ギブスで固定し、松葉杖もしくは車イスなんてこともありえるのです。
症状は、歩くと痛い・腫れてる・内出血などがあり、傷めた瞬間にブチっと音のような感覚がある場合があります。
もしご自身が傷めたと思ったら、安静にし速やかにアイシング(氷など)で冷やすようにして下さい。この時に冷傷に気を付けてください。
アキレス腱損傷
これも肉離れ同様に、スポーツでなることが多く、特にジャンプなど瞬間的な動きでなる事がほとんどです。
テニスなどでも好発しアキレス腱にボールが当たった?ような感覚があります、その後に激痛が走り、足首が動かなくなり足がつけなくなります。
アキレス腱の完全断裂をしてしまうと完治時間がかかる為に、痛みや違和感を感じたときに速やかに受診することをお勧めします。
また完治後もしっかりとしたリハビリが大切ですので、まずは当院にご相談ください。

サッカー中に肉離れをした男性腫れがひどく内出血が痛々しいです。

細胞に働きかけ痛みを引かせると同時に回復を早めます※施術効果には個人差があり効果を保証するものではありません。

神経・血管・リンパの流れが良くなります
部活・スポーツを早期に復帰できるようになります

肉離れは、筋肉の線維を、極度に引き伸ばされた状態のときになってしまいます。
また、スポーツ愛好家や不慮の事故の際などになってしまうことも良くあります。
一般的な整骨院や病院では、アイシング(患部を冷やす)や包帯固定が主流ですが、当院は横浜市にあり活法という特殊な無痛整体で施術します。
また、当院の包帯固定法は、一般的な整骨院とはことなり、良い状態を保つ固定術を用いるために、筋肉の回復が全然違います。
あくわ整骨院では横浜市の整形外科研修での経験を活かしつつ、独自な整体術で早期回復が可能となるのです。

-症状解説
-

Copyright© 横浜市の整体なら腰痛を手術させない大和市近くあくわ整骨院へ , 2018 All Rights Reserved.